Share on LinkedInShare on LinkedInShare on FacebookShare on FacebookTweet thisTweet this

クッキーに関する方針

    クッキーに関する方針

    クッキーとは何か?

    クッキーとは、利用者がSGSのウェブサイトを利用する際、利用者のパソコンにサーバーから送られるテキストファイルです。

    なぜクッキーが必要か?

    クッキーは、サイトを閲覧する利用者の利便性を向上するのに役立ちます。例えば、利用者が選択した言語が記憶されるので、次回サイトを閲覧した時には、その言語で表示されます。

    クッキーが収集した情報を使うと、以下が可能になります:

    • 利用者のニーズに合わせて、弊社ウェブサイトをカスタマイズします
    • 表示された通知内容を記憶し、同じ通知が表示されないようにします
    • 利用者の興味や関心に合致した、ウェブサイトの改善と更新を行います

    クッキーを使って、利用者個人を特定することはありません。

    当ウェブサイトで使用するクッキーの種類は?

    当ウェブサイトで使用するクッキーの種類は以下の通りです:

    カテゴリー1: 必須クッキー

    カテゴリー1のクッキーは、利用者が当ウェブサイトを閲覧し、ウェブサイトの全ての機能を利用します。これによって、利用者はウェブサイトの安全なエリアにアクセスできます。 これらのクッキーがないと、当ウェブサイトで一部の機能がご利用いただけないことがあります。

    当ウェブサイトの全ての機能を利用するには、以下のクッキーが必要です:

    • ASP.NET_SessionId: ユーザーのプロファイル情報を管理します(デフォルトでは匿名)。

    • ASPSESSIONIDQCTBQCQB: このクッキーはASP.NET_SessionId クッキーと同じ機能を持ちますが、ASPテクノロジーを使っています。

    • ロードバランシング・クッキー: 当社のロードバランシングプラットフォームで使用されるこれら4つのクッキーは、利用者のデータをフロントエンドサーバー上で同期化します。 これらのクッキーは次のように呼ばれます:

      1. BIGipServer
      2. BIGipServerbbbbbbbbbbbbbbb
      3. BIGipServeraaaaaaaaaaaaaaa
      4. BIGipServerf5_cspm

    • TS01a95020: 当社のコンテンツデリバリネットワーク(CDN)プロバイダー で使用されるクッキーで、ウェブページを短時間でロードする機能があります。.

    • ORA_MOD_103000: 利用者が「お問い合わせ」フォームから問い合わせをする際、当社のコンタクトリレーションシップマネジメント(CRM)システムで使用されます。

    カテゴリー2:パフォーマンスクッキー

    カテゴリー2のクッキーは、利用者のウェブサイト利用状況に関するデータを収集し、今後の利便性の向上を図ります。 例えば、あなたが頻繁に閲覧したページやエラーメッセージなどの情報を収集します。 クッキーが収集した情報は匿名です。 クッキーは、個人を特定するデータは収集しません。

    以下のカテゴリー2のクッキーを使用します:

    • WebTrends クッキー:当社のWebTrends分析プラットフォームでは、以下の6つのクッキーを使います:

      1. currentWebsite
      2. myDCSID
      3. URLPath
      4. fullURL
      5. WEBTRENDS_ID
      6. ACOOKIE

    • _utmb, _utmc, _utma, _utmz:これらのクッキーはGoogle Analytics で使用され、弊社のウェブサイト使用に関する統計データを収集します。

    • また、幾つかのSGSのウェブサイトはHotjarクッキーを利用します。Hotjarサービスはhttps://www.hotjar.com/opt-outで無効化することもできます

    • 以下にHotjarが利用する全てのクッキーの一覧を記載します。これらのクッキーはサービスの機能のために必要です。

      名前

      説明

      期間

      __ar* (hotjar.com)

      AdRoll「リマーケティングクッキー」は、関心に基づいたSGSの広告を他のウェブサイト上で表示するために利用されます。詳細について読む

      Googleによって判定

      _ga (hotjar.com)

      Google Analyticsクッキーは、ユーザーの識別に利用されます。詳細について読む

      Googleによって判定

      _gat (hotjar.com)

      Google Analyticsクッキーは、リクエスト率の調節に利用されます 詳細について読む

      Googleによって判定

      __utm* (hotjar.com)

      Google Analytics非個人特定可能情報は、ウェブサイトの分析に利用されます

      Googleによって判定

      _hjUserId (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このクッキーは、Hotjarコードを含むページをユーザーが読み込むとすぐに設定されます。このクッキーは、複数のページおよびセッションにわたって同じ訪問者を追跡できる汎用一意識別子(UUID)を含みます。

      365日間

      _hjClosedSurveyInvites (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このクッキーは、訪問者がSurvey案内モードポップアップに応答すると設定されます。これは、案内が既に表示済みの場合に、同じ案内の再表示を防ぐために利用されます。

      365日間

      _hjDonePolls (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このクッキーは、訪問者がFeedback Pollウィジェットを使用してアンケート調査を完了させると設定されます。これは、アンケート調査が既に入力済みの場合に、同じアンケート調査の再表示を防ぐために利用されます。

      365日間

      _hjMinimizedPolls (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このクッキーは、訪問者がFeedback Pollウィジェットを最小化させると設定されます。これは、訪問者の貴社サイトの移動時にウィジェットを最小化された状態に維持するために利用されます。

      365日間

      _hjDoneTestersWidgets (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このクッキーは、訪問者がRecruit User Testersウィジェットで自身の情報を送信すると設定されます。これは、フォームが既に入力済みの場合に、同じフォームの再表示を防ぐために利用されます。

      365日間

      _hjMinimizedTestersWidgets (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このクッキーは、訪問者がRecruit User Testersウィジェットを最小化させると設定されます。これは、訪問者の貴社サイトの移動時にウィジェットを最小化された状態に維持するために利用されます。

      365日間

      _hjIncludedInSample (hotjar.com)

      Hotjarクッキーです。このセッションクッキーは、ファンネルの生成に使用されるサンプル内に訪問者が含まれているかどうか、Hotjarに通知するために設定されます。

      セッション

      JSESSIONID (hotjar.com)

      セッション監視に利用されるNew Relicクッキーは、特定のアプリケーションにとって重要です。詳細について読む

      セッション

      NREUM (hotjar.com)

      ブラウザ内で単に作成されるNew Relicクッキーは、Navigation Timing APIをサポートしていません。詳細について読む

      セッション

      NRAGENT (hotjar.com)

      New Relicサーバーによって、トークンがエンドユーザーに配布されるときに単に作成されるNew Relicクッキーです。詳細について読む

      セッション

      optimizely* (hotjar.com)

      hotjar.comで試験を実施するために、Optimizelyによって設定されるクッキーです。詳細について読む

      Optimizelyによって判定

      session (hotjar.com)

      これは貴社のウェブサイトセッションを有効に維持します。

      セッション

    • ExactTarget メールマーケティングクッキー
      次のExactTargetクッキーがメールマーケティングキャンペーンの実績を追跡するために使用されます:
      名前 説明 期間
      BatchID メールキャンペーンの送信バッチIDを含みます 7日間
      JobID メール送信のIDを含みます 7日間
      ListID メール受信者が所属するメーリングリストのIDを含みます 7日間
      MemberID メール送信者のExactTargetアカウント番号を含みます 7日間
      SubscriberID メールマーケティングキャンペーン受信者に割り当てられた購読者IDを含みます 7日間
      UrlID メールキャンペーンから訪問されたURLリンクのIDを含みます 7日間

    カテゴリー3:機能クッキー

    カテゴリー3のクッキーは、カスタマイズされた利便性を利用者に提供するのに役立ちます。 ユーザー名や使用言語などのデータを記憶するため、次回のアクセス時に、利用者はこれらの情報を入力する必要がありません。 クッキーが収集した情報は匿名です。 クッキーは、利用者が他のウェブサイトでどのページを閲覧したかを追跡することはできません。

    以下のカテゴリー3のクッキーを使用します:

    • #lang: このクッキーは、利用者が弊社の各国のウェブサイトにアクセスした際、利用者が選択した言語を記憶します
    • BCSI-CS-f70af8cdea44e6ea
    • TS011aca3b
    • PHPSESSID: このクッキーはPHPテクノロジーを使って、ユーザープロファイル情報を管理します。
    • JSESSIONID: このクッキーはJavaテクノロジーを使って、ユーザープロファイル情報を管理します。
    • osVisitor: ポルトガル語ウェブサイトの専用アプリケーションで使用されます。
    • osVisit: ポルトガル語ウェブサイトの専用アプリケーションで使用されます。
    • pageLoadedFromBrowserCache: ポルトガル語ウェブサイトの専用アプリケーションで使用されます。

    カテゴリー4: ターゲティング/広告クッキー

    SGSおよびSGSのサービス提供者は、ユーザーおよびユーザーの関心にとって適切と考えられる広告提供を目的として広告クッキーを利用する場合があります。

    SGSは、ユーザーに対してSGSサイト上で同じ広告が表示される回数を制限し、SGSの広告キャンペーンによる効果の評価を支援するために、ユーザーが受け取る広告およびコンテンツを特定ユーザーに合わせる目的でターゲティングまたは広告の各クッキーを利用する場合があります。

    Google AdWordsリマーケティングはSGSのウェブサイト、SGSがその広告を提供する事業主体のウェブサイト(以下、「広告主」と呼びます)、SGSが広告を表示する場所のウェブサイトおよびオンラインサービス(以下、「発行者」と呼びます)を訪問する際のユーザーの行動に関するデータを収集します。この情報には、ユーザーが表示するコンテンツ、ユーザーによるコンテンツの表示日時、ユーザーの購入製品、ユーザーのIPアドレスに関連付けられたユーザーの位置情報が含まれます。SGSはユーザーにより適切な広告を提供する(以下、「リターゲティング」と呼びます)目的で収集した情報を利用します。SGSは、SGSによってユーザーに提供された広告の表示場所、そしてユーザーがどの広告をクリックしたかについて情報を収集します。これらのクッキーは期限付きに設定され、ユーザー個人を特定できる情報を含みません。

    AdWordsリマーケティングは、SGSのウェブページのどの要素をユーザーが表示したか特定するクッキーによって収集されたデータに基づいて、特定ユーザーに合った適切な広告を表示します。

    クッキーはあるページを再訪問するユーザーを特定し、Googleにそのユーザーに関連した広告表示を可能にする目的で利用されます。SGSはGoogle AdWordsリマーケティングを利用することで、SGSにユーザーのニーズにより適合したマーケティングを特定ユーザーに適用することが可能になり、ユーザーに適切な広告を表示できるようになります。

    ユーザーがSGSのGoogle AdWordsリマーケティングへの参加を希望しない場合、Google Ads Preferences Managerを訪問してオプトアウトすることが可能です。

    ターゲティングおよび広告の各クッキーとオプトアウト方法についての詳細は、次の各ウェブサイトをご覧ください:

    カテゴリー5: ソーシャルメディアのクッキー

    SGSウェブサイトは詳細なキャンペーン報告を可能にするため、そしてFacebook、Twitter、LinkedInなどのソーシャルネットワークによって提供されるタグ付けの仕組みを使用することで、弊社ウェブサイトを訪問するソーシャルネットワークユーザーを追跡する目的でサードパーティーのクッキーを利用します。また、これらのクッキーはトラッキングおよびリマーケティングの各目的で利用される場合があります。 これらのタグを使用して収集されたあらゆるデータは、タグの利用方法に関するSGSのプライバシーポリシーおよびソーシャルネットワークのプライバシーポリシーに従って利用されます。SGSウェブサイトはユーザー個人を特定可能なあらゆる情報を収集、保存しません。

    これらのクッキー受け入れのオプトアウト方法に関する詳細は、次の各リンク先からご確認ください:

     また、各ソーシャルネットワークで完全なポリシーを読むこともできます:

    サイトのターゲティングおよび広告の各クッキーには次の情報が含まれます:

    クッキー名

    オプトアウト方法を含む追加情報

    Google DoubleClick
    Google Adsense

    http://www.google.com/intl/en/policies/privacy/partners/

    NIDおよびSID
    AIDおよびTAID

    https://www.google.com/policies/technologies/types/
    https://www.google.com/settings/u/0/ads/plugin?hl=en_uk

    Google Analytics
    ‘__ga’クッキー

    https://tools.google.com/dlpage/gaoptout

    ユーザーのクッキー設定はどのようにして管理すれば良いのでしょうか?

    当ウェブサイトを訪問する利用者の皆様に最適な利便性を提供するために、クッキーを承認することをお勧めしています。

    ご利用のブラウザー設定で、クッキーの有効化または無効化を管理できます。クッキーが無効の場合、本ウェブサイトで一部の機能がご利用いただけないことがあります。

    クッキー管理についての詳細は、ご利用のブラウザーの「ヘルプ」ボタンを押すか、またはhttp://www.aboutcookies.orgをご覧ください。

    全ての主要なブラウザーおよびサードパーティーベンダーに対して任意のクッキーをオプトアウトする方法についての詳細は、www.networkadvertising.org/choices/またはhttp://www.aboutads.info/choices/の各ウェブサイトをご覧ください

    訪問したウェブサイトによって残される全てのクッキーの削除を希望するユーザーのために、以下にトラッキングクッキーを完全に削除する3つのプログラムをダウンロードできるリンクを示します:

     その他のクッキー

    弊社では以上のカテゴリーのクッキーのみを使用しています。 上記に記載されていないクッキーが見つかった場合は、 弊社までメールでお知らせ下さい。




    お問合せ

    SGS ジャパン株式会社

    • 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134
      横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ 5階
      横浜, 240-0005
      日本
    • t   +81 45 330 5000
    • f   +81 45 330 5006
    • e   Eメールでのお問合せ

    E購読

    御社の地域または世界中からのSGSの出版物やニュースレターをどうぞお申し込みください。
    常に最新情報をお手元に今すぐ購読してください

    オフィスディレクトリ

    オフィス配置マップを使用してSGSのオフィスおよび研究所を検索してください。Japan map
    事業所所在地

    ニュース

    イベント