Share on LinkedInShare on LinkedInShare on FacebookShare on FacebookTweet thisTweet this

関連リンク

機能安全 - トレーニング、テクニカルソリューション、アセスメント、および認証

機能安全規格ISO26262およびIEC61508を最も効率的且つ効果的に準拠する為のベストパートナーとは?

電気・電気システムの爆発的な成長により、これらのシステムの安全性を確保するための方法が注目されています。

2011年11月には自動車に搭載される電気・電子システムの機能安全規格としてISO26262が正式に発行されました。グローバルに展開する国内自動車産業においては、早急な対応を求められる規格となります。

SGSジャパンはSGSグループの機能安全認証機関で、ISO26262規格化ワーキンググループのドイツ国内委員でもあるSGS-TUV Saar と協調し、ISO26262, IEC61508などの機能安全規格準拠の為のトレーニング、テクニカルソリューション、アセスメント、認証サービスを提供し、国内企業の国際競争力向上に貢献します。

SGSは、ISO26262の国内相場観形成をリードしています。

SGSジャパンの機能安全グループは、自動車業界で機能安全業務に長年従事してきた日本人技術者を擁します。現在、大手自動車メーカーやサプライヤの規格準拠活動支援に従事しながら、単に開発プロセス構築支援だけではなく、セーフティメカニズムなどの技術手法に関する国内相場観を形成しています。弊社の技術者は、規格準拠した量産プロジェクトを経験しており、現場目線のアドバイスが可能です。ISO26262のマーケットリーダーとして、ベストソリューションの提供をいたします。

業務内容:

  • トレーニング/個人資格認定 - 機能安全専門家、品質保証担当者、開発者、管理者、および法律の専門家に対して、公開トレーニングおよび社内トレーニングを提供します。
    *日本人講師(AFSE)による日本語でのトレーニングが可能です。
  • AFSE(自動車機能安全エキスパート)資格(特別上位資格)
    最低5年以上の自動車産業における機能安全の経験を持つ専門家に特別審査を合格した与えられる資格。
    SGSジャパン、SGS-TUV Saar、機能安全に長年従事しているメーカーが取得者保有。
  • AFSP(自動車機能安全プロフェッショナル)資格
    自動車の機能安全経験は必要ありませんが、5日間のトレーニングを受講し試験に合格すれば取得可能。
    日本含め世界中の自動車メーカー・サプライヤの従業員などが多数取得。
  • テクニカルソリューション -
    • 機能安全マネジメント
    • ISO 26262開発プロセスの展開
    • セーフティケースの作成
    • セーフティマネージャー(安全管理者)として代行支援
    • ハザード分析・リスクアセスメント
    • 安全分析(FMEA、FTA 、マルコフ分析、など)
    • ソフトウェア開発プロセスの構築
    • A-SPICEとの同調
    • ツール導入サポート
    • ツール認定
    • ASILデコンポジション判定の支援、など
  • アセスメント / 認証 – コンセプト、システム、製品、および開発プロセスを評価(および報告)し、必要に応じて、アセスメント/監査報告書、認証書、およびテストマークを発行します。
  • 日本人アセッサーによる日本語の作業成果物でのアセスメント / 認証が可能です。A-SPICEとの同時アセスメントとそれによるコスト削減が可能

詳細については、お問い合わせください。

お問合せ

SGSジャパン株式会社

  • 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134
    横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ 3階
    横浜, 240-0005
    日本
  • t   +81 45 393 5200
  • f   +81 45 331 7644
  • e   Eメールでのお問合せ

E購読

御社の地域または世界中からのSGSの出版物やニュースレターをどうぞお申し込みください。
常に最新情報をお手元に今すぐ購読してください

オフィスディレクトリ

オフィス配置マップを使用してSGSのオフィスおよび研究所を検索してください。Japan map
事業所所在地

ニュース