Share on LinkedInShare on LinkedInShare on FacebookShare on FacebookTweet thisTweet this

コンプライアンス&完全性

高潔性に関する違反の報告

行動規範の違反に関する懸念や疑いがある場合、従業員および外部の当事者は意見を述べたり、報告したりするように奨励されています。行動規範の違反に関する助言や報告を行ったために、誰かがいかなる形の報復や悪影響を受けることがあってはなりません。

行動規則や特殊な状況におけるその適用について疑いがある場合、従業員は担当のスーパーバイザーやマネージャー、人事部門、SGS法務部と話し合うようにします。さらに従業員は、内部監査の行動規範に関する問題についても議論することができます。

従業員が自分の務める事業部門の問題を提起することができない、または適切にそれを行えない場合、SGSのチーフコンプライアンスオフィサーまで連絡を取ることができます。行動規範の違反や違反の疑いに気付いた従業員は、SGSチーフコンプライアンスオフィサーにこれを報告します。

従業員および外部当事者は、高潔性のヘルプラインを使って、規範違反の疑いについて助言や報告を行うこともできます。あるいはオンライン、またはファックス/郵送で報告書を提出することもできます。

コンプライアンスチームは、悪意申し立て、商取引上の苦情、高潔性の問題以外に関わる苦情、商取引上の問い合わせなど@、正真正銘の申し立てのみに対応します。経営やマネージャーに関する特殊な問題に関する一般的な懸念で規範違反に関係のないもの、さらに給与闘争については、その国で取り扱い、スーパーバイザーまたはマネージャー、またはHRチームを通じて申し立てることとします。違反の報告について疑問がある場合は、提供された指示に従って報告を行ってください。

規範違反の疑いに関する報告を行う場合は、高潔性に関するヘルプラインに電話する、オンライン報告書を提出する、または報告書を電子メール/ファックス/郵送で提出することができます。

 




違反の報告
詳しい調査のため、あなたの懸念事項の詳細について、オンラインより報告の入力・提出をしてください。
高潔性ヘルプラインへ電話
SGS高潔性ヘルプラインは独立した外部機関により運営されています。機密維持のため、電話会話は録音されません。
ヘルプラインに電話
電話は24時間無休にて、専門家により英語で応対されます。通訳も利用可能です。この高潔性ヘルプラインは2ステップの直通ラインとなっております。
ステップ1
国ごとのAT&T直通番号にダイヤルしてください。
ステップ2
AT&T音声応答のあとに、番号をダイヤルしてください。
888-475-6847
コンタクト番号のない国について、 違反の報告をご利用ください。
「ダイレクトアクセス」回線の通話説明
お掛けになるヘルプライン電話番号では、通話料無料の国際通話を AT&T社のダイレクトアクセスサービスにより 提供しています。このサービスをご利用になるには、まず、電話をお掛けになっている国固有のAT&T社アクセス番号にダイヤルします。この番号は米国にあるAT&T社のセンターにつながります。 すると、音楽とAT&T社のブランディングメッセージが流れます: 「(ベル音)AT&T」。その音が流れた後、お客様がヘルプライン番号にダイヤルすると、AT&T社は通話をグローバルコンプライアンス社におつなぎします。


AT&T社の国際ダイレクトアクセスで提供されているヘルプラインへ通話するための詳細なダイヤル方法は次のとおりです。
  1. 手順1: 国際通話可能な「固定電話」から、通話します( 携帯電話からは掛けられません)。 電話を近距離通話可能な、発信音の聞こえる状態にします。
  2. 手順2: 電話をお掛けになっている国用のAT&T社ダイレクトアクセス番号にダイヤルします。 国際プレフィックスや他の番号を加えないでください。 国番号や市外局番を加えないでください。
  3. 手順3: 音と「AT&T」と伝える録音音声が流れます。*この音が流れたら、お客様の会社の10桁から成るヘルプライン番号をダイヤルします。 国際プレフィックスや他の番号を加えないでください
  4. 手順4: 通話がグローバルコンプライアンス社につながります。 録音メッセージに従って、ご使用になる言語を選択すると、回線用途を説明する録音音声が流れます。 英語以外の言語を選択すると、グローバルコンプライアンス社では、通訳を介した三者通話を行います。 通訳を手配するために、数分程かかるため、しばらくお待ちください。 待っている間、音楽が流れます。
  5. 手順5: グローバルコンプライアンス社の通話担当者がお電話にお答えし、氏名を名乗ります。 通訳を介した三者通話の場合は、通訳がお客様の言語でお答えし、お客様の情報をお尋ねする際に、通話を補助する旨お伝えします。

*注意: AT&T社のオペレーターは国、または電話システムによっては、手順3でお答えすることがあります。 電話をお掛けになる方は、オペレーターに倫理ヘルプライン番号を口頭でお伝えするか、電話機でダイヤルして伝えることができます。 通話をつなぐために、通話カードやクレジットカードが必要とオペレーターが伝えた場合は、番号を正しくAT&T社に提供していない可能性があります。

お問合せ

SGS ジャパン株式会社

  • 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134
    横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ 5階
    横浜, 240-0005
    日本
  • t   +81 45 330 5000
  • f   +81 45 330 5006
  • e   Eメールでのお問合せ

E購読

御社の地域または世界中からのSGSの出版物やニュースレターをどうぞお申し込みください。
常に最新情報をお手元に今すぐ購読してください

オフィスディレクトリ

オフィス配置マップを使用してSGSのオフィスおよび研究所を検索してください。Japan map
事業所所在地

ニュース