Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが提供する保証期間終了時検査 – 重要な部品の損傷を発見し、保証請求を確立します。

風力発電所の運転およびメンテナンスには高額な費用がかかります。 風力発電機が費用対効果の高い運転をできるだけ長く行うために、決められた保証期間の間に発生した故障を全て、製造者の手で補修してもらう必要があります。 SGSの保証期間終了時検査により、できるだけ早く重要な部品の損傷を発見し、保証請求を行えるようにすることにより、費用削減をお手伝いいたします。

SGSが提供する保証期間終了時検査を選ぶ理由

サービス内容:

  • 貴社の風力発電機ができるだけ長期間、効果的な運転を行うことを確実にします
  • 保証期間内に重要な部品の欠陥および損傷を特定・検出します
  • 製造者に、必要な補修を全て実施させる保証請求を確立します
  • 効果的な保証請求を通じてメンテナンスコストを最小化します

信頼される企業による、世界でも先進的な保証期間終了時検査

検査、検証、試験および認証の分野で世界をリードするSGSは、資格を有した専門スタッフのグローバルネットワークを擁し、再生可能エネルギー部門で比類なき経験を貴社に提供いたします。 SGSグループの専門の風力技能センターと独自のグローバルネットワークにより、世界中の洋上風力発電所計画に対して、試験および認証を提供することができます。

SGSの保証期間終了時検査には、以下のものが含まれます:

  • 風力発電機部品の検査 
  • 調査事項全ての詳細な報告書

SGSの保証期間終了時検査で重要な部品の損傷を検出し、保証請求を確立する方法について、今すぐお問い合わせ下さい。

このサービスは現在、日本ではご提供しておりません。
SGSグループによるサービス提供の詳細についてはお問合せください。