Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSジャパンでは、医療機器ソフトウェア開発者、品質管理担当者向けに、医療機器ソフトウェアのライフサイクルプロセスに対する規格 IEC62304トレーニングを2017年5月29日(月)に開催いたします。

薬機法*では、2017年11月より、基本要件基準第12条2項の適用を必須化することとなっており、プログラムを用いた医療機器は、IEC62304への適合が求められることになります。

*薬機法:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

本トレーニングでは、IEC62304とIEC60601-1 Ed.3 Clause14に基づいて、要求事項の一般的解釈とその応用を解説していきます。

<内容>
・IEC62304の概要
・安全関連ソフトウェア開発の要求事項
・関連する規格との関係性


◆◇ 開催要項 ◇◆
【日時】
 5/29(月)  9:00~17:00

【定員】
 15名

【場所】
 横浜ビジネスパーク ノーススクエアⅠ 5階 SGSジャパン 第2研修室

【料金】
 50,000円

◆◇対象者◆◇
・品質管理に従事している方
・ソフトウェア開発に従事している方

◆◇ 講師のご紹介 ◇◆
SGS-TÜV Saar GmbH  機能安全チーム チームリーダー
AFSE(Automotive Functional Safety Expert)、及び,IFSE(IFSE Industrial Functional Safety Expert)の両方を持つ、機能安全のエキスパート。今回、ドイツより来日して講師をつとめる。

*講義は、日本語通訳が入ります。

① お申し込み用紙のダウンロードはこちらからご参照ください。⇒申し込み用紙のダウンロード
② お申し込み書を順次受付後、メールにてご案内差し上げます。


問合せ先:
SGSジャパン株式会社
コンシューマー&リテールサービス
製品安全部
TEL:045-393-5200
FAX: 045-331-7644
Eメール: jp.fsafety@sgs.com

ご質問や不明な点などがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。