Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

自動車版機能安全規格ISO 26262が策定されてから6年が経過し市場は成熟期を迎えてきている兆しを感じ取ることができます。
しかしながら、2nd Edition対応や、今後の動向について各企業のご担当者様より相談を受けることが多いと感じております。

そこで今回のセミナーでは、SGSジャパンのISO26262適用支援サービスに基づいて、「2nd Edition まであと1年」、「規格対応の業界動向2017」にフォーカスしたセミナーを企画いたしました。

また、当日は毎回大好評いただいておりますISO26262規格対応について個別相談会も対応いたしますので、ご要望の方はお申込みをお願いいたします。(※完全予約制、時間指定有)
 
パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」と同期間に、開催いたしますので、お立ち寄り頂く感覚でご参加いただければ幸いです。
 
日時:
 5月24日(水):11:00~12:30(10:30~受付開始)、14:00~15:30(13:30~受付開始)
 5月25日(木):11:00~12:30(10:30~受付開始)、のこりわずか/14:00~15:30(13:30~受付開始)

 ※午前・午後と開催しますが、セミナーの内容はすべて同じ内容です。
 ※個別相談会は完全予約制です、ご希望の時間帯をお申し込みの際ご選択をお願いいたします。

場所:
 ワールドポーターズ6階 会議室1+2 (http://www.yim.co.jp/access/index.html

定員:
 48名(1講演につき)

受講料:
 無料
 
※各回の受付は申し込み順で定員になり次第、締切りとさせて頂きますので、お早めにお申込みをお願いします。
※各社5名様までの参加とさせて頂きますので、場合により参加頂けない場合もございますが、ご了承お願いいたします。
 
【セミナーアジェンダ(予定)】
① ご挨拶
② ISO26262 Automotive SPICE 導入支援、ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ様との業務提携について
③ 業界動向
 ・自動車業界におけるISO26262対応状況
 ・機能安全に関する他業界動向
④ ISO26262第二版の状況
 ・影響分析、確証方策
 ・Part11 半導体について
 ・安全分析(HW 3rd Method, SW 安全分析)
 ・その他(SOTIF, セキュリティなど)
⑤ 質疑応答

【お申込方法】
■お申込用紙のダウンロードはこちらからご参照ください。⇒お申込用紙のダウンロード
■必要事項を記載の上、メール又はFAXにてご連絡ください。
■お申込書を順次受付後、メールにてご案内差し上げます。


問合せ先:
SGSジャパン株式会社
コンシューマー&リテールサービス
製品安全部
TEL:045-393-5200
FAX:045-331-7644
Eメール: jp.fsafety@sgs.com