Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

個人レベルであなたを知りたい場合、弊社の面接官は、面接で業務に関連する質問をして、あなたの能力とやる気がどれくらいあるかを探ります。 職務経歴、主な実績事例、その他の情報など、面接でよく聞かれる質問をします。

SGSはあなたに何を求めているのでしょうか?

SGSでは、社員それぞれのコアの専門的技術を考慮して選考および人材育成を行います。 弊社の面接官は、あなたの職務経歴や実績が、SGSでどのようにキャリアの成功に関連するかを理解するために、質問をします。

どのような質問がされるのですか?

SGSの面接官は、他の企業の面接官と同じような質問します。 他の会社同様、SGSでも行動面接を採用しています。これによって、職場における候補者の成功の可能性をより正確に予測できると考えるからです。 基本的に行動面接は、候補者が、自分の過去の行動や業績について説明します。その情報から面接官は、候補者が職場でどのような行動を取るかを予測します。 この面接手法は、過去の行動から将来の行動が予測できるという理論に基づいています。

行動面接で面接官は、いくつかの標準的な質問をします。

次のような質問です:

  • 目標を設定したものの、それを達成できない場合、あなたはどうしますか?
  • あなたがイニシアティブもしくはリーダーシップを執った時のことについて、具体的な例を挙げて話してください。
  • ある人があなたを個人的に気に入ってない場合(もしくはその反対の場合)、その人とうまく仕事をやるための方法について、説明してください。
  • 自分の専門知識を使って問題解決をした時のことについて、具体的な例を挙げて話してください。 

面接時間はどれくらいですか?

ほとんどの場合、面接は45~60分です。特に制限時間は設けられていません。

自分の過去の行動を把握して起きましょう。履歴書やその他の必要な情報を見直しておきましょう。

弊社の面接官は、履歴書やあなたが提出した書類を見直して、面接の準備を始めます。 ですから自分の過去の行動や経験について話せるよう準備をしておきましょう。

これまでの人生のあらゆる側面で、成功したと思う事例を考えておきましょう。

面接では、面接官の質問に最も良く答える過去の事例(その事例がどの職場であるかに関係なく)を話すようにしましょう。

学校や職場での経験は、過去の行動をよく表わす事例です。ただし人生の他の側面における事例を使って話をしても構いません(ボランティア活動、軍役、クラブ活動、団体活動など)。

面接官の質問に完全に応えるには、どのように回答するべきか練習しておきましょう。

SGSの面接官は、あなたの過去の行動をより良く理解するため、あなたから最善の回答が得られることを期待しています。 面接官に回答する際、まず場所や職場、次に行動の内容、そして行動による結果という順で話します。