Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが提供する輸出品適合性評価(PCA)は、特定の製品が、輸入国の規制当局が設定した技術的規制および基準の要件を満たすことを確認するものです。

適合性評価は、該当する基準および技術的規制の要件に製品が準拠していることを確認します。 SGSの証明書発行センターにより品質確認のための検証後、ラボ試験、物理的検査、工場監査などの確認が必要となります。 製品が輸入国の規格・基準に適合しているかどうかは、通関時に必須となる文書である適合性証明書(CoC)の発行によって証明されます。

製造メーカーや供給業者がアルジェリア・イラン・ケニア・ナイジェリア・ロシア・サウジアラビア向けに輸出をする際、その製品が規格への合致を達成するためにSGSは輸出品適合証明のサービスを提供しています。

SGS輸出品適合評価により、危険であるか、基準を満たしていないか、偽造された商品の輸入を防止します。政府当局を支援して、消費者の安全衛生及び環境を守るために制定された法律の実施を強化します。

輸出品適合評価は、貿易円滑化を促進し、貿易業者の利益を保護します。輸入業者は、認証業務が完了したことで、通関が迅速化され、結果的に利益を得ることができます。
出荷に先立ち、輸出業者は輸出先国で商品が受け入れられないというリスクが減少します。

SGS輸出品適合評価についてはSGSに問い合わせください。