Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS による HACCP(危害分析重要管理点)認証を受けることで、食品安全管理および製品品質を強化できます。

HACCP 認証を受けることで、安全な食品の製造や販売に対する貴社の取り組みを容易に実証できます。 この実証に基づくアプローチは、規制当局や利害関係者の検査を

受けるときに特に役立ちます。 HACCPに適合することを通じ、安全な食品に対する取り組みを実証することで、ブランドに変革がもたらされます。また、効果的な市場参入ツールともなるため、世界で新しいビジネス機会が開きます。

当社の食品エキスパートのグローバルネットワークは、 HACCP審査を実施することで、貴社が食品の安全と衛生に影響を与える危害に着目するお手伝いをします。 食品製造プロセス中の重要点における管理限界を設定することで、危険が発生する場所を組織的に特定できます。

HACCP 認証は、効果的な食品安全管理のための要件を定める国際基準です。 この基準は次の 7 原則に基づいて策定されました。

  • 生物学的、化学的、物理的食品の危険性についての危害分析を実施
  • 重要管理点を決定
  • たとえば、最低調理温度や時間などの重要管理限界を設定
  • 重要管理点の制御を監視するためのシステムを確立
  • 是正措置を確立
  • HACCP システムが効果的に機能していることを確認するための検証手順を確立
  • 文書化と記録保持を確立

当社と協業することで、 HACCP 適合を達成し、絶え間なく変化する世界の期待に応えることができます。