Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは溶解性物質を含む乾燥蒸留かす(DDGS)を多種類のパラメータについて試験します。

御社の規制コンプライアンスと高生産基準を保証するため分析化学者協会(AOAC)により有効性が確認されているDDGS分析法を使用します。

以下の品質パラメーターに関して定期的に試験を行います:

アミノ酸

アミノ酸は動物がタンパク質をより効率よく生産するために役立つため、飼料中のアミノ酸濃度を評価できる臨界分析を提供します。

抗生物質残留物

エタノール生産で使用されるが飼料では使用が制限されるペニシリン、バージニアマイシン、その他抗生物質の濃度を監視します。

色値

業界で認められているハンターまたはCIEスケールを用いてDDGSの色を評価します。 色値は使用されるフィードストック、追加された溶解物質量、乾燥時間と乾燥温度の影響を受けます。

鉱物

カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、ナトリウム、硫黄、亜鉛等の鉱物は飼料の効率、健康な免疫機能及び繁殖機能を維持するために飼料中に欠かせません。

カビ毒

マイコトキシンはDDGSのい生産中に濃縮される場合があり、高濃度では動物に悪影響を与えるので、必要なテストを実施しています。 アフラトキシン、デオキシニヴァレノール(DON)、ゼアラレオネ、その他のマイコトキシンの定量分析のために、有効性が検証されている酸素結合免疫吸着検査法(ELISA)と高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を使用しています。

粒子サイズ

DDGSを飼料に使用する際、混合効率、栄養素の消化度、口当たりの良さ、ペレット品質等の重要な要因が粒子サイズによる影響を受けます。 弊社のテストはサイズが最適な性能のために最適化されることを保証します。

湿式化学分析

一定した製品は効率を向上するので飼料割当て内容を指定できるように、標準湿式化学分析(粗蛋白、脂肪、繊維、湿分等)を行います。

品質を評価し御社の規制コンプライアンスを確実にできるために弊社のDDGS分析がいかに役立つかについて今すぐSGSまでお問い合わせください。