Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

健康上のリスクを最小限に抑え、微生物汚染から食料および飼料の生産を保護し、訴訟に対して会社を守るためには、厳格な食品および飼料の安全性規格を実施する必要があります。

SGSでは、スクリーニングと識別を通して病原体の存在を確認するなどの監視プログラムをお客様が開始できるように支援します。

食品医薬品局承認の公式な方法を使用して、SGSの微生物識別および微生物分析の手順によって、大腸菌(通称E. coli)、毒性大腸菌E. coli 0157:H7、サルモネラ菌、リステリア菌などの微生物汚染が明らかにされます。 標準ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)手法や、プレートテストおよび培養同定の従来の方法を使用して、微生物汚染の存在を判定できます。

認証認定研究所

SGSの微生物分析研究所は、厳格な指針の下に運営されており、ISO 17025に対して認定された公式で有効な方法を使用しています。 研究所には、化学、微生物学、および農学の学位を持ち、さらに長年の経験を持つ科学者と技術者が配属されているため、いくつかの飼料および食品の団体の承認も受けています。 つまり、微生物汚染の検出に関して、高い業界標準を忠実に守っていることを意味します。

今すぐSGSにお問い合わせいただき、製造工程およびサプライチェーンを通して飼料および食品を微生物の危険から保護してください。 SGSの微生物分析サービスが役に立ちます。