Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの鉱物検出サービスにより、飼料配給量と必要な栄養補助レベルを判断できます。

家畜に有害な可能性のある鉱物を検出する機会も提供して、健康問題が発生するのを防ぎ、それに関連するすべての費用を抑えます。

SGSの鉱物検出方法は、正確であると同時に柔軟性があるため、安心とさまざまな選択肢を提供できます。 誘導結合プラズマ(ICP)分光計を使用して、それぞれが独自の意味や潜在的影響を持つ16種類の異なる鉱物を識別します。 これにより、特定の鉱物が飼料配給量にどのように影響するかを示すだけではなく、必要な鉱物追加の種類と値を決定できるようになります。 さらに、動物に有害であるあらゆる鉱物(鉛、硫黄など)を監視(排除または制御)できるようにします。

認証認定研究所

独立性、完全性、および革新性に関するSGSの評価を維持するために、SGSの鉱物検出研究所では、厳格な指針の下に運営されており、ISO 17025およびISO 9001:2008の認定を受けています。 研究所には、化学、微生物学、および農学の学位を持ち、さらに長年の経験を持つ科学者と技術者が配属されているため、いくつかの飼料団体の承認も受けています。 さらに、多数の分析団体が、多くの場合、SGSの提示する結果を参照します。これは、SGSの鉱物検出サービスが高い業界標準と世界的な管理機関によって設定された基準の両方を忠実に守っていることを保証しています。

動物飼料に正しい濃度レベルで正しい鉱物が入っていることを確認するために、鉱物検出サービスについて今すぐSGSにお問い合わせください。