Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

御社の油料作物の脂肪酸プロフィールを同定することにより、消費者に健康的な食品を提供することができます。

SGSは、脂肪酸組成を決定するために油料種子作物(大豆、ヒマワリ、サフラワー、ピーナッツ、キャノーラと亜麻等)を分析します。

また、いくつかの選択された種子から得られる結果に基づいて、適切な脂肪種子繁殖プロジェクトを実施し、必要な作物を作成する御社の取組みを支援することができます。 当社の脂肪種子の試験分析法は、精度を確保するよう検証されています。 有機溶剤を使用して、脂肪酸メチルエステル(FAME)を形成する脂肪酸を処理する前に、単一の種子または複合バルクサンプルから油を抽出します。

速い結果

これらの揮発性のFAMEを分析するガスクロマトグラフ(GC)を使用しています。 バルクシード、シングルシードまたはシードチップの複合材料は一日あたり300サンプルの率でテストすることができます。 全脂肪酸の割合として現わされる結果が出るまで通常48時間で済みます。

独立性、完全性および革新の評判を維持するために、当社の油分分析ラボは厳格なガイドラインに基づいて運営されISO 9001:2008で認証されています。

SGSが健康的な食品の製品を開発し消費者の承認をますます得るためにどのように役立つかについてご覧ください。