Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

世界中の主要なカシミヤ生産および加工地域を網羅する研究所のネットワークにより、SGSは繊維同定試験を実施して、申告された繊維のみを含む束であることを保証します。

SGSは、カシミヤがウールまたはその他の繊維に換えられていることを検出することにより、カシミヤの高品質と価値を守るように支援いたします。

SGSの獣毛同定サービスは、毛皮および繊維混合に存在する動物繊維を同定することにより、お問い合わせの繊維の種を特定いたします。 SGSは、光学電子顕微鏡および走査型電子顕微鏡(SEM)の両方の手法を用いて、繊維内容分析を実施します。 さらに、マトリックス支援レーザー脱離イオン化法/タイム・オブ・フライト法(MALDI-TOF)質量分光分析(SIAMと呼ばれる手法)により、動物の種を同定するための最先端の試験サービスを提供します。

SIAMを使用することにより、DNAまたはRNAに依存せずに、獣毛や爪の僅かな痕跡から種を判定できます。 さらに、通常、微視的方法では同定できない、生態学的に損傷した繊維の同定も可能です。

SGSのカシミヤ試験における一貫性と精度を維持するために、業界で認められている測定法を使用し、検査員に追跡可能動植物ライブラリに基づいた標準トレーニングを提供します。 英国にあるSGSの集中型の施設(Cashmere and Camel Hair Manufacturers Institute(CCMI)認定)は、次のようにライブラリを開発しています。

  • 追跡可能動物ライブラリ – 特定の繊維がどの動物に由来するのかを証明できるように、既知の種から直接繊維を収集します。
  • 追跡可能繊維ライブラリ – 追跡可能動物ライブラリ内の既知の動物に基づいて、追跡可能動物繊維のデータベースを構築しました。 SEMおよび微視的方法の両方からの画像を使用して、次の項目に関して各繊維の画像を測定します。

SGSの繊維同定および試験サービスを利用することにより、繊維の原料を確認できるため、品質と価値を維持できます。 詳細については、SGSに今すぐお問い合わせください。