Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

カシミヤの高品質と価値を保証するには、繊維を基準密度、厚さ、色素、直径、その他の特性に関して測定する必要があります。

SGSは、現在商業的に実施可能な2つの測定方法を実施する経験と専門知識を持っています。

SEMによるカシミヤの同定

SEM法を使用すると、SGSの検査員は繊維の表面を高倍率で詳細に見ることができます。 高解像度(2ナノメートルまで)および大きな被写界深度により、SGSの専門家は表面特性をより簡単に測定できます。 また、基準高および密度(繊維径対基準長の比率)など、局所的な特性を測定できます。 このような測定は繊維間を明確に区別する際に役立ちますが、注目されるのは、SEM法は繊維の内部構造(色素沈着)を明らかにできないことです。

SGSでは、SEMによる組成の測定に関して、国際羊毛機構(IWTO-58)によって示されるように、該当する業界標準の手法に従います。 ここでは、基準高を使用して、ウール(0.55ミクロンより大きくな基準高を持つと定義される)と特殊繊維(カシミヤ、モヘア、キャメル、ラマ、アルパカなど)の区別をします。

一貫性のある正確な測定

検査員は、基準外形、密度、遷移径の規則性など(やや主観的な過程)、その他の位相的な特性から特殊繊維を同定します。 一貫性と精度を維持するために、業界で認められている測定法を使用し、検査員に追跡可能動植物ライブラリに基づいた標準トレーニングを提供します。

SGSは、特殊動物繊維の試験サービスの業務を英国に集中化してきました。 この施設は、Cashmere and Camel Hair Manufacturers Institute(CCMI)によって認証されており、下記の項目の開発に一貫して携わってきました。

  • 技術的手法の標準化
  • 追跡可能な電子的および物理的繊維試料
  • 繊維の同定に関する電子化されたトレーニング
  • 調査員における連続監視の方法

SGSの繊維試験サービスを利用して繊維出荷における高品質と価値を維持する方法について確認するには、今すぐSGSにお問い合わせください。