Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

カシミヤの高品質と価値を保証するには、繊維を基準密度、厚さ、色素、直径、その他の特性に関して測定する必要があります。

SGSは、現在商業的に実施可能な2つの測定方法を実施する経験と専門知識を持っています。

光学電子顕微鏡法によるカシミヤの同定

SEMと比較して、光学電子顕微鏡試験の利点は、検査員が繊維の内部構造(色素沈着)を見ることができることです。 これらの特性により、第三者が処理チェーンに従ったある時点で取り込んだ価値の低い代替繊維(ウール、ヤクなど)をカシミヤと区別できるようになります。

光学的方法は、検査員を信頼して、基準構造およびその他の特性から拡大された繊維を同定します。 SGSは、下記に設定されるそれぞれに該当する方式に従います。

  • American Standard Testing Methods(ASTM-D629: 織物の定量分析に関する標準試験法) 
  • 米国繊維化学者・色彩技術者協会(AATCC-20A:繊維分析:定量分析) 繊維分析: 定量分析)
  • 国際標準(ISO 17751: 繊維 - 顕微鏡検査による動物繊維の定量分析 - カシミヤ、羊毛、特産繊維及びその混紡)

一貫性のある正確な測定

カシミヤとその他ウール繊維の特徴に重複がある場合、光学電子顕微鏡を使用してそのような素材を測定することは、やや主観的な過程となります。 SGSのカシミヤ顕微分析における一貫性と精度を維持するために、業界で認められている測定法のみを使用し、検査員に追跡可能動物繊維ライブラリに基づいた標準トレーニングを提供します。

また、SGSは、特殊動物繊維の試験サービスの業務を英国に集中化してきました。 この施設は、Cashmere and Camel Hair Manufacturers Institute(CCMI)によって認証されており、下記の項目の開発に一貫して携わってきました。

  • 技術的手法の標準化
  • 追跡可能な電子的および物理的繊維試料
  • 繊維の同定に関する電子化されたトレーニング
  • 調査員における連続監視の方法

顕微鏡検査によるSGSの繊維試験を利用して繊維出荷における高品質と価値を維持する方法について確認するには、今すぐSGSにお問い合わせください。