Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、独立的に異なる基準全体について品質と量を検証するために油分が多い(非洗浄)羊毛を測定します。

可能な限り国際羊毛繊維機構(IWTO)の基準により業務を行います。

当社のウール測定サービスは、以下のための認証されている試験が含まれています。

  • 歩留り - サンプルに含有されるクリーンなウール(ウールベース)と植物質汚染量の決定
  • ウールの平均繊度(繊維の太さ)- 繊維の直径を意味する - ウールの価値の主要な決定要因 
  • 色 - 三刺激値として測定されるが、通常は綺麗な色の明度(Y値)と黄色度(YZ値)を評価するために使用

必要に応じて追加テストも実行します。

  • ステープル長さと強さは - 梳毛工程システムでのアパレルのウールの性能を評価するために、平均繊維長さ、強さと破断の位置を使用します。 
  • バルク -これはスペースを埋める繊維の能力を測定し、また、カーペット、布団や断熱材等の用途に重要な回復力に関連します。 
  • 繊維の曲率 - バルク、圧縮性および圧着性に関連し、処理への影響を計ります。 
  • 繊維径分布 -直径分布についての情報は、快適性と処理性能の評価に影響を及ぼす可能性があります。 
  • 直径と長さのプロフィール - ウールのステープルの長さに沿う増分の平均直径の測定は、羊の群れを管理するために重要なことがあり、将来的には、処理性能を予測するのに役立つことがあります。 
  • 髄鞘形成は - 不均一な色素の取り込みを引き起こし、アパレルのウールの外観を損なう(いくつかのカーペットタイプのための望ましい場合もある)羊毛やその他の動物繊維の中空繊維を指します

また、特に動物の選択の目的用に設計された低コストフリースの様々な試験方法を使ってグリージーウールのサンプルをテストすることができます。

様々な基準に対してグリージーウールの質および/または量を検証するには、今すぐSGSにご連絡のうえ当社の独立したテストサービスについてお尋ねください。