Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

国際羊毛繊維機構(IWTO)の基準に沿い、SGSは、品質と数量の確認を支援するため洗い上げ羊毛に独立した様々なラボ検査を提供します。

当社の洗い上げ羊毛の測定サービスは、以下のための認定テストを含みます。

  • 条件付き質量 - ウールはその重量の20%まで水分を吸収するので、請求は合意された含水率や回復(条件付き質量)に基づきます
  • 歩留り - サンプルに含有されるクリーンなウール(ウールベース)と植物質汚染量の決定
  • ウールの平均繊度(繊維の太さ)- 繊維の直径を意味する - ウールの価値の主要な決定要因 
  • 色 - 三刺激値として測定されるが、通常は綺麗な色の明度(Y値)と黄色度(YZ値)を評価するために使用

さらに、カーディング後の長さについて大量な洗い上げ羊毛の証明を行います。 これを行うには、処理後の平均繊維長さを推定するために準梳毛処理をシミュレートする標準化された方式を採用します。 我々はまた以下のテストも行います。

  • 残渣 - 洗い上げ後の繊維に残された鉱物質の量と残留グリース、洗い上げ効率を示す
  • pH- 洗い上げ後のウールの酸性またはアルカリ性は染色工程に影響を与えるので、処理会社はpH値を知ることが重要です。  
  • 漂白のアルカリ溶解性と範囲 - 脱色の程度は、いくつかのプロセスで重要である一方、溶解性は繊維の損傷を評価するために使用されます。 
  • 髄鞘形成は - 不均一な色素の取り込みを引き起こし、アパレルのウールの外観を損なう(いくつかのカーペットタイプのための望ましい場合もある)羊毛やその他の動物繊維の中空繊維を指します
  • バルク -これはスペースを埋める繊維の能力を測定し、また、カーペット、布団や断熱材等の用途に重要な回復力に関連します。 
  • 繊維の曲率 - バルク、圧縮性および圧着性に関連し、処理への影響を計ります。 
  • 繊維径分布 -直径分布についての情報は、快適性と処理性能の評価に影響を及ぼす可能性があります。 
  • 残留洗剤 - 特定の市場を対象としたウールはノニルフェノールエトキシレート(NPEO)が含まれていない洗剤を使用して洗い上げする必要があります。 
  • 防虫加工処理 - これらは、適切な規制を遵守しなければなりません
  • 衛生レポート - 特定の宛先への出荷は残留植物質が微量で影響無しであることを確認する検査報告書を必要とし、一方他の場所は衛生化手順の検証が必要な場合があります。 
  • イランへの輸出 - これらの貨物は専門的テストを含む適合性評価を必要とします

様々な基準に従い洗い上げ羊毛の品質と数量を確認するには、独立テストサービスについて今すぐSGSにお問い合わせください。