Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

作物の汚染が発生したかどうかを判定するためには残留農薬分析が必要です。

最先端技術を使用する事により、SGS は500種以上の農薬の個々の成分を識別して計量できます。

残留農薬は2つの方法により識別されることができます。 1つは収穫後の作物の中に残った微量農薬です。 2つ目は作物中で農薬が変性して生じる分解産物を指します。 弊社の残留物分析方法はこれら両方の定義をカバーし、タンデム質量分光光度計分析 (LC MSMS) による液体クロマトグラフィーとガスクロマトグラフィー質量分光光度計分析(GC MS)の使用を含みます。

弊社の残留農薬分析ラボは厳格なガイドラインに基づいて運営され、 ISO 17025 と ISO 9001:2008 に従い、化学、微生物学、農業経済学の学位取得者も含む、長年の実績を培ってきた科学者や技術者を擁します。 まとめていうと、弊社は最高水準の世界的ガバナンスに密着しています。

弊社のサービスを使用すると御社の食糧が残留農薬レベルに対する世界の規制要件に適合することが確実にできます。 詳細については、今すぐ当社にお問い合わせください。