Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

一部の国では、遺伝子組換生物(GMO)の使用に関して議論があります。

この分野の豊富な経験を活かし、SGSは世界的に実績のある方法でGMO検査サービスを提供しています。

SGSのGMO検査は、家畜飼料が該当する国内外の規制を満たしているという確信を高めます。 飼料の試料からGMOを検出する方法として、SGSでは標準ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術を採用しています。 この独自検査により、GMOを含まない飼料のみの取引を行う国とのビジネスも安心して取引していただけます。

DNAベースの定量的GMOスクリーニング – 種子試料

この検査では、種子試料または植物組織に遺伝子組換植物が混入しているかの有無を確かめます。 検査は遺伝要素を対象にした次の2つの特定PCR試験にて構成されています。カリフラワーモザイクウイルス(CMV)35SプロモーターとNOSターミネータ この検査により、現在世界中に流通している遺伝子組換植物の品種の大部分を検出することができます。

DNAベースの定量的GMOスクリーニング – 食品試料

加工食品を分析する際、加工処理段階における分解により、遺伝子組み換え植物を検出するのは難しい場合があります。 たとえば、たんぱく質基礎検出方法は、食品加工処理により遺伝子組み換え食材内のたんぱく質を破壊することがあるため不適切です。

しかし、SGSではGM事象の存在を検出するために最新式のDNA分析技術を使用しています。 これらのGM事象は、パン・小麦・豆乳・豆腐・植物油などの加工食品のDNA内に存在することがあります。 これらの商品からDNAを抽出し、遺伝要素を対象にした次の2つの特定PCR試験を実施します。 CMV35S プロモーターとNOSターミネータ

DNAベース定量PCR検査は基準を活用し、0.01%から5%のGMOレベルで確認することができます。 40工程の特定DNAレベルを確認するリアルタイムPCRで試料を検査します。

認定研究所

高い評価を維持するために、SGSのGMO検査研究所では厳格なガイドラインを遵守し、ISO 17025およびISO 9001:2008の認定を受けています。 豊富な経験を持つ科学者や技術者で構成されており、さまざまな飼料機関からの認定を受けています。 SGSのすべての研究所では、各現場の検証に使用する国際的手法を活用しています。 GMO事象の熟練試験に毎年参加し、国際種子検査協会(ISTA)承認のGMO検査研究所を所有しています。

GMOフリー規制の完全な遵守を達成するための支援が必要な場合は、今すぐSGSにお問い合わせください。