Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

一定のレベルのマイコトキシン(アフラトキシンB1、デオキシニヴァレノール(DON)、フモニシン、オクラトキシン、ゼアラレノン、T-2トキシン等)が飼料に含まれると、人間と動物の健康に有害な影響を及ぼします。

SGS は定期的にマイコトキシン試験を実施して食品安全性と厳格な規制とのコンプライアンスが維持されているように保証します。

マイコトキシンの毒性は種別とエンド ユーザーにより異なります。 弊社が行うマイコトキシン テストは酸素結合免疫吸着検査法(ELISA)またはタンデム質量分光光度計分析による液体クロマトグラフィーのいずれかを使用します。 これらのマイコトキシン分析法は適当なレベルの検出と軽量化を可能にし、飼料がマイコトキシンの含有レベルに関する規制要件に合格することを確実にしています。

認証認定研究所

独立性、完全性、革新性の定評を維持するために弊社のマイコトキシン試験ラボは厳格なガイドラインに基づいて運営され、 ISO 17025 と ISO 9001:2008 の認証を受けています。 化学、微生物学、農業経済学等の学位もあり長年の豊富なラボ実績を持つ科学者や技術者を要する弊社のラボはいくつかの食料協会から認可も取得しました。

弊社は最高の工業基準に準拠するので、飼料はマイコトキシン含有量に関する国際的、国内的規制ともに準拠することは確実です。 その効果をいますぐお試しください。