Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

食品および非食品に使用するパーム油の生産が、過去20年間で急激に増加しました。

この生産増加に伴って、オイル用パームの栽培に関する持続可能性、および地域人口に与えるパーム油生産の影響に対する憂慮が高まってきました。 これらの憂慮に呼応して、先導的な利害関係者のグループおよびNGO(非政府組織)による「持続的ヤシ油に関する円卓会議(RSPO)」が2004年に組織され、オイル用パームの責任ある植林管理のモデルが提示されました。

RSPO規格の要件に対する貴社のパーム油操業を認証することにより、利害関係者および顧客に貴社が規格をどう理解し遵守しているかを証明することで、優位な競争力を得られます。 SGSは、大規模および小規模なパーム油生産業者、加工業者、および世界中で持続可能なパーム油の恩恵を受ける方々に包括的で透明な「持続的ヤシ油に関する円卓会議」認証を提供します。

RSPO認証に関して貴社がSGSと提携された場合、評価の高い農業生産認定者としての当社の100年以上の経験から利益を得ることができます。 当社の世界的な、複数の専門家による多分野にわたるネットワークが、貴社のサプライチェーンのすべてのリンクがRSPO規格に適応することを、確実にすることを支援します。

RSPOは、パーム油生産に関連する以下の7つのグループの合同からなるボランティア団体です。生産業者、加工業者または取引業者、消費財製造業者、小売業者、銀行および投資家、環境的および社会的NGO組織 RSPO認証は、貴社のサプライチェーンにおけるすべての段階でのコンプライアンスに基づきます。 認証に先立つRSPO監査中に、SGSの監査者は貴社の操業方針および工程が、規定されたRSPOの原則および基準のコンプライアンスを達成しているかを分析します。

  • 地域的および国際的な法律および規制のコンプライアンス
  • 長期的な経済的および財政的な変動性への明示されたコミットメント
  • 生産者および加工者による最善な農業の実践方法の適用
  • 自然資源および生物学的多様性の保存を含む環境的責任
  • 耕作または生産に影響される雇用者および地域社会に対する責任ある配慮
  • 新品種の責任ある管理
  • 継続する改善に向けたコミットメント

持続するパーム油に関する円卓会議は、貴社の顧客および利害関係者の要求変化を反映します。 SGSにすぐ連絡して、この重要な新しい規格に業務を適応させる方法についてお尋ねください。