Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

今日の消費者は、自分たちが購入する製品の原料が、環境や社会に責任を持つ供給業者のものであるという保証を欲しがります。

Bonsucro認証は、サトウキビの生産やサプライチェーンが、このような厳しい要件を満たしているという、透明性の高い証明を提供します。 SGSによる独立した第三者のBonsucro認証は、この規格の要件に対するコンプライアンスを証明します。

Bonsucro認証は、サトウキビ生産が社会や環境に与える影響を憂慮する業界の関係者グループである、ベター・シュガーケーン・イニシアティブの認証が元になっています。 Bonsucroは、社会や環境に責任を持つ運動を通してサトウキビ生産に持続可能な未来を保証しようとしている、サトウキビ生産者や下流加工業者の協会です。

EU加盟国の再生可能エネルギーの対象として扱われる生物燃料の生産・販売を行う組織は、ヨーロッパ再生可能エネルギー指令(2009/28/EC)に記載された持続可能性基準に対する評価を受ける必要があります。 Bonsucro規格は、この持続可能性要件を満たすためのものとして、欧州委員会に承認されています。

認証に先立つBonsucro監査の際には、エネルギー消費量や水消費量・温室効果ガスの放出を含む主な生産指標が評価されます。 また、規制へのコンプライアンス・労働者の権利・継続的かつ安全な現地への食品供給・他のヒューマンファクターなど、生産が地元住民に与える影響も評価されます。

SGSは、監査・認証サービスにおける世界を代表する信用ある企業である、Bonsucro認証の認可を取得しています。 SGSの監査者ネットワークは、サトウキビ生産および砂糖・生物燃料サプライチェーン、現地および国際的な規制やガイドラインに関する高い能力を持っています。 SGSの監査者ネットワークは、お客様と協力して運用やBonsucro認証を継続的に改善します。

Bonsucroは、サトウキビ・生物燃料業界にとってワクワクするような一歩です。 Bonsucro認証は、消費者の需要の変化に対応するための競争力を与えます。 Bonsucro認証について詳しく知りたい方は、SGSにお問い合わせください。