Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの動物飼料認証は、需要の高まり、市場参入の改善、飼料安全性の取り組みの実証に貢献します。

動物飼料は、私たちの食品サプライチェーンの基本要素です。食品に使用される動物に、高品質で栄養に富んだ製品を与えることは、人々の経済的な繁栄と栄養学的な健康に貢献する高品質で生産性の高い動物を飼育する農場に役立ちます。

飼料産業の課題は生産能力、歩留まり、生産量を向上させるだけでなく、製品の安全性と品質を守ることです。

SGSの飼料認証サービスを選ぶ理由。

品質の向上と飼料市場参入の改善の取り組みを支援するSGSは、FAMI-QSおよびEFISCの各スキームと照らし合わせた認証を提供するために、ISO/IEC 17021-1およびISO/TS 22003に対して認定されているだけでなく、GMP+飼料認証の認定認証機関です。

SGSの既存のサービス範囲に基づいたこれらの認定は、SGSが最高の基準に従って事業を運営していることを実証するものです。SGSは幅広い範囲の飼料認証スキームだけでなく、有資格の飼料認証審査員から構成される世界的ネットワークに対するアクセスも提供しています。

FAMI-QS – 特殊飼料成分およびその添加物に対する品質と安全性システム。特殊飼料原料およびその添加物の安全性、品質、法的な要求事項に取り組むFAMI-QSは、この分野を対象とした初のコードで、唯一の認証可能なコードです。FAMI-QS:

  • 飼料および食品のチェーンに入り込む安全でない特殊飼料成分とその添加物のリスクを最低限に抑える
  • 事業者に飼料衛生規制(183/2005/EC)の導入を可能にする
  • その他の飼料安全性規制要求事項への適合を支援する手段を提供する

EFISC – 安全な飼料原料の製造業の適性実務に関する欧州規則。この規則は、EU市場内の飼料原料産業に対して整合化された自発的な飼料安全性保証のスキームの提供を目的としています。この規則は、製造業者にEUおよび国内の規制に準拠したマネジメントシステム、リスク管理、文書化、回収、トレーサビリティに対する要求事項を含めた、独自の飼料安全性マネジメントシステムの確立と導入の各方法に関する基準を示しています。

GMP+ – ISO品質マネジメントの要求事項、HACCP、その他の要素への統合。この規則は飼料の製造設備、保管、輸送、取引などに関する条件を規定しています。また、GMP+は飼料安全性と持続可能性が保証され、認証機関が独立監査を実施できるように明確な条件を規定しています。GMP+の証明書は、国際的な飼料産業における全ての利害共有者に追加的な保証を提供します。

グローバルリーダー、地域的な専門知識

SGSは地域市場に対する認証の要求事項にも対応できます。また、SGSの動物飼料認証の専門家から構成される世界的ネットワークは、地域市場の要求、規制、認証規格に完全に精通しています。SGSは喜んで必要な助言、監査を提供します。

詳細については、SGSにお問い合わせください。