Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ISO 31000 リスク管理 - 原則とガイドラインは大企業から小企業、公共事業が業務に伴うリスクを効果的に管理することを支援するために設計されたリスク管理基準です。

効果的リスク管理戦略は御社のビジネスに潜在的にプラス及びマイナスの影響を与えるリスクに対して適用されることが可能です。

リスクにより提供された機会と課題を理解することにより、御社は利益率を高め、ビジネスに対するマイナスの財務的及び法的影響を回避できるようになります。 SGSによるISO 31000リスク管理検証とトレーニングはこれらの原則とガイドラインに照らす実績度を査定します。 SGSは全産業部門に渡る効果的リスク管理のためのソリューションでは信頼される世界的リーダーです。 弊社の広範なグローバル・ネットワークには全分野の専門家が含まれ、包括的かつ透過的なリスク管理監査を行う企業として名声が確立しています。

ISO 31000 監査の間、弊社の高度に資格あるチームが慎重に、事業目標、業務構造、プロセス、製品やサービス、資産とプロジェクト等、御社組織の全側面を解析します。 弊社は ISO 31000のリスク管理原則とガイドラインを適用し、御社はこれにより以下のことができるようになります。

  • 機会と脅威の識別、評価、対応  
  • 先取的リスク管理による業務効率の改善
  • ロス防止の改善
  • HSE規制をさらに理解して適用すること 
  • いかなる課題に直面しても御社業務の強靭性を改善すること

SGSは会社のライフサイクルのどの段階でも ISO 31000リスク管理検証を行っています。 御社の業務効率を高め、利害関係者からの信頼を高め、 ISO 31000検証により財務的また法的リスクを軽減してください。 弊社にご連絡のうえ規格と検証プロセスについてさらに情報を得てください。