Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの規格検証を受けた製品認可プログラムは Codex Alimentarius委員会の勧告による製品規格に基づく工場監査と製品試験のプロセスを指します。

弊社の独立性、国際的に定評のあるテスト方法、製品品質のホーリスティックなアプローチのおかげで、この製品認証プログラムは食品安全性を確実にし規制コンプライアンスのための支援が可能です。

1960年代に国連FAO(食品農業機構)とWHO(世界保健機構)により設立されたCodex Alimentarius委員会は国際的に統一された食品規格を規定しています。 今日では世界中で通用するこのコーデックス食品規格ソリューションは消費者、食品メーカーと加工業者、政府系食品管理局、食品の世界貿易により一点の国際参照基準になりました。

弊社のテスト プロトコルはCodex Alimentarius製品企画、監査プロトコル、危害分析および重要管理点(HACCP)アプローチに整合化されています。 さらに、製品の販売先の国特有の製品規制とも準拠します。 国内規制がコーデックスの規格より厳格な場合、製品は地元で規定された最低基準に準拠しなければなりません。

御社と製品がコーデックスにより検証されたスキームに合格すれば、製品のパッケージにSGS Codex 検証済認可マークを表示することができます。 この安全性と品質を示すシールは市場からの信頼性を獲得でき、業界内での信用力を強力に拡充します。 また、弊社は常に製品品質を監視しますので、消費者が購入するたびに同じ水準の品質を享受し続けることが確実にできます。

弊社はこの基準を次のような様々な製品分野をカバーして適用しています:

  • 飲料
  • 缶詰食品
  • 乳製品
  • 乾物その他
  • 魚類とその製品(冷凍冷蔵品)
  • フルーツと野菜(新鮮、乾燥、冷蔵品、冷凍品)
  • 穀物製品、穀類、工業用パン製造とペストリー製造、お菓子、スナック菓子等
  • 肉製品
  • オイルと油脂
  • インスタント食品(新鮮、冷蔵、冷凍)

規則的な試験と監査により、弊社は御社の食品安全性管理システムとプロセスを継続的に監視し最適化することを支援できます。 弊社の監査プロセスの範囲は最低でも次の内容を含みます:

  • 設備
  • 確立
  • 最終製品取り扱い―パッケージング
  • HACCP プラン
  • 最終製品のラベリングとそのプロセス仕様
  • 人員
  • 有害生物監視システム
  • 品質管理システムと管理
  • 原材料とそのサプライヤー
  • 保存施設
  • 廃棄物管理

弊社のコーデックスにより検証された認可スキームがいかに御社の規制コンプライアンスを支援し食品安全性を確実にできるのかについてSGSにお問い合わせください。