Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのグルテンフリー認証サービス – 貴社の製品のグルテンフリー状態に関する検証を受けることで、消費者の需要拡大に対応できます。

グルテンフリー製品に対する世界の市場は急速に拡大しています。2015年に46.3億ドルだったその市場価値は、2020年には75.9億に達すると予測されています。アメリカとヨーロッパでは、セリアック病またはグルテン不耐性と診断される患者数が増加しています。このことは市場の成長を牽引する重要な要因です。ただし、近年の成長要因は、グルテンフリー食品はそうでない食品よりも健康的だという認識の結果である可能性があります。また、この分野における小売業の存在と政府のイニシアティブが需要を刺激しています。認証の取得は、グルテンフリー食品を求めている消費者に対して、貴社の製品が彼らのニーズに適合しているという安心感を与えます。

SGSのグルテンフリー認証サービスが選ばれる理由。

SGSは、グルテンフリー認証スキームを複数提供できる唯一の認証機関です。SGSはグルテンフリー審査とその他の食品安全審査を組み合わせることができます。SGSは独立した第三者として、貴社を競合他社から差別化し、貴社製品に対するグルテン不耐性の消費者の信頼性を高める検証可能な複数の手法を提供します。

グルテンフリー認証プログラム

グルテンフリー認証プログラム(GFCP)は、さまざまな法規制やCodex委員会の科学的根拠を基に、ガイドラインへの適合を義務付けられる小売業、製造業、サービス業、農家を対象に設計されています。第三者のISO/IEC 17021-1ANAB認定認証機関により提供されるGFCPは、北米のセリアック病組織による承認を受け、アレルゲン管理団体によって管理される適用しやすいHACCPに基づいた規格です。

GFCPの詳細をご覧ください。

グルテンフリー認証組織

グルテンフリー認証組織(GFCO)は、何千もの製品を認証しています。この組織は、個人的な寄付で運営される非営利組織である北米のグルテン不耐性団体(GIG)によって開発された任意プログラムです。小売業、製造業、農家を対象としたGFCOは、その食品が安全なことを消費者に保証するために品質管理と管理措置を導入しています。認証には製造現場と消費者の購入場所でのリスク評価、工場審査、設備と製品の試験が含まれます。GFCOのロゴがある最終製品のグルテン含有量は、10 ppm以下でなければなりません。

GFCOの詳細をご覧ください。

交差穀物マークグルテンフリー製品認証 – グルテンフリー食品のAOECS規格と適合性審査

欧州セリアック病協会機構(AOECS)は、35の欧州セリアック病協会から構成される非営利組織です。同組織は、グルテンフリー食品の製造時の安全性を確保する規格に基づいた、世界で最も広く認められるグルテンフリー認証スキームの一つを所有、運用しています。

AOECSの加盟組織であるセリアックUKは、英国、欧州、世界で販売される製品の食品製造業と小売業に交差穀物マーク認証を提供しています。AOECS規格の基準に適合している製造業と小売業は、世界のセリアック病組織によって奨励される国際的に認知される登録商標である、このマークのライセンスを得られます。

セリアックUKとSGSは、AOECS規格と照らし合わせた新しい審査を共同で開発しました。SGSはその審査の認証機関です。

グルテンフリー食品と交差穀物マークグルテンフリー認証スキームに対するAOECS規格との適合性審査の詳細をご覧ください。

食品安全審査と認証におけるグローバルリーダー

SGSは、世界の食品産業に対する監査と認証サービスの提供に関する幅広い経験を持っています。有能な監査員から構成されるSGSのグローバルチームは、貴社の製品とサービスが安全性と品質に対する最高の規格に適合できるようにご支援します。

詳細については、SGSにお問い合わせください。