Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

グルテンフリー認証組織(GFCO)は、2005年にグルテン不耐性団体(GIG)によって開発された任意プログラムです。このプログラムは現在、数千の製品を認証している北米で最大かつ最も急速に拡大しているグルテンフリー認証組織です。

認証の要求事項

GFCOは、セリアック病とグルテン不耐性を持つ消費者に対して食品の安全性を保証するために次のような厳格な規格を適用します。

  • GFCOのロゴがある全ての最終製品のグルテン含有量は、10 ppm以下でなければなりません。
  • GFCO認証済み製品中の全原料のグルテン含有量は、10 ppm以下でなければなりません。
  • GFCO認証済み製品には、大麦ベースの原料が含まれていてはなりません。
  • 最終製品と高リスクな原材料・設備は、継続的な試験を受けなければなりません。
  • GFCO認証済み製品を製造する全ての製造者は、少なくとも年次審査を受け、定期的な調査のためにGFCOに最終製品を提出しなければなりません。
  • 企業はGFCO認証の取得のために、アレルゲン、グルテンフリーの表示、適正製造規範に関する全ての法規制に適合しなければなりません。

認証手順

  1. 認証対象にする全ての製品と施設の詳細を提供し、GFCOプログラムに申請します。
  2. 現場審査の準備のためにギャップ審査を実施します。
  3. SGSに審査を申請します。
  4. 審査にパスし、GFCOロゴの使用許可を取得します。
  5. 貴社の施設に対する年次審査を取り決め、グルテン分析結果を提出することで貴社の認証の高潔性を維持します。

GFCOプログラムの詳細をご覧ください。

SGSができること

SGSは世界最大級の検査、審査、認証、試験、検証機関として、貴社の食品安全のニーズに合わせた次のような幅広いソリューションを提供しています。

  • ギャップ分析および事前評価: 貴社の既存のアレルゲン/グルテンマネジメントシステムに関する詳細な調査とGFCOに照らし合わせたベンチマークテスト。
  • 認証: GFCOと照らし合わせて実施。GFCO審査は統合(例:GFSI審査と同時に)または単独で実施できます。
  • 試験: グルテンの含有を低レベルで検出するために、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)または酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)試験法のいずれかを使用した食品中のグルテン検出に適した包括的な試験の提供。
  • トレーニング: GFCOの要求事項、アレルゲン/グルテンリスクマネジメントの全側面、効果的な導入を網羅するように調整されたトレーニング。

食品安全の専門家と貴社の要求事項については、SGSまでお問い合わせください。