Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの適正製造規範(GMP)認証により、食品製造プロセスの完全性と食品安全性に関する規制へのコンプライアンスを保証します。

食品の安全性と品質の保証は、現代の消費者にとって重要な考慮事項です。 GMPは、食品安全性管理システムへの重要な機能強化です。これにより、安全で高品質の食品の取引および製造への取り組みにおいて、消費者の信頼が増します。

GMP要件への適合には、食品加工施設に適用される常識的な公衆衛生と処理要件が必要とされます。 食品業界の多くの企業は、HACCP、ISO 22000、SQF、ISO 9001などのその他の品質および食品安全管理システムの開発と導入を行う基礎として、食品加工でGMP認証スキームを実施しています。

適正製造基準(GMP)認証制度では、基本的な製造業務と効果的な危害分析重要管理点(HACCP)食品安全プログラムを実施するために必要な条件を満たしていることを独立した方法で検証し、認証します。

SGSは第三者認証および検証における世界的なリーダー企業です。 SGSを利用して適正製造規範要件に対して食品安全管理システムを認証することは、規制当局やその他の利害関係者によって実施される検査に対して準備する最良の方法です。 このプロセスによって、法規制の遵守を保証する一方で、安全で高品質の食品の製造および取引における重要な知識を実証できるようにします。

GMP認証プロセスの詳細について、今すぐSGSのお問い合わせください。