Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品汚染分析サービスは、品質を確保しながら、健康・安全・環境面での規制規準の遵守をサポートいたします。

原料、中間製品、最終製品に対して複雑な食品残留物試験を実施し、非遵守のリスクを最小限に抑えます。 弊社は世界中に食品科学の専門家と試験所を配置しています。食物連鎖の重要セグメントの専門知識があり、現地重視のアプローチで、所在地を問わず確実に対応いたします。

食品中の禁止物質の許容量については、地域および国の法規制や自主規制がまずます複雑化しています。弊社は最新情報をもとに信頼のあるサービスを提供します。 さらに、食品由来の病気および化学的、微生物学的、物理的な食品被害を検出・特定し、それらを軽減することで貴社製品が適切な指針を遵守できるようお手伝いをいたします。

弊社の食品汚染試験サービスは、以下の様々な禁止物質に対応します:

  • ダイオキシン
  • 食品アレルギー誘発物質
  • 食品放射能汚染
  • 遺伝子組換生物(GMO)
  • カビ毒
  • 残留農薬
  • ポリ塩化ビニフェル(PCB)
  • 種の同定
  • 残留獣医用医薬品

規制要件の遵守をお手伝いします。詳細は、今すぐSGSまでお問い合わせください。