Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ダイオキシン・ポリ塩化ビフェニール(PCB)・残留性有機汚染物質(POP)に関するSGSの試験サービスは、海産物、豚肉製品、その他のタンパク質性食品に汚染物が含まれていないことを実証します。

EUは、食品と加工食品中のダイオキシン、PCB、POPに関して世界で最も厳しい規制を課しています。 輸出した製品がこれらの物質で汚染されている場合、販売市場の法律を犯すことになります。

弊社の試験および分析サービスは、貴社の製品が各市場の規制レベルを遵守していることを証明します。

世界各地で展開する弊社の食品試験所では以下のような装置が使用されます:

  • 高分解能ガスクロマトグラフィー/質量分析 (HR-GC/MS)
  • ガスクロマトグラフィー-質量分析/質量分析 (GC-MS/MS)

ダイオキシン、PCB、POPが含まれないことを証明できなかった場合、食品の差し押さえ、廃棄、および/またはリコールを引き起こします。 いずれの場合も、ブランドの評判に傷がつく恐れがあります。

国際的に事業を行う弊社は、業界知識も豊富であり、貴社が展開する市場の要件の遵守を確実にします。 ダイオキシン・PBCの試験および分析サービスで、貴社をサポートいたします。詳細は、お近くのSGSにお問合せください。