Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

食品フィンガープリンティング – 同位体分析によって貴社の食品の原産地と信頼性を検証してください。

食品偽装は、食品及び飲料のサプライチェーンのあらゆる段階で増加し続けている問題です。 消費者は購入する食品の安全性、品質、調達に関してかつて無いほど用心深くなっています。そのため、各事業者はラベルに表示されている情報の正確性を保証できなければなりません。 原料の信頼性を判断するための同位体分析を利用した食品フィンガープリンティングは、貴社の評価の保護、顧客忠誠心の向上をご支援します。

増加し続ける食品偽装

食品偽装は財務利益達成のためにさまざまな手法を利用します。 それには不正表示、文書提供に対する偽造、欠陥、未承認の工程の利用、製品に対する未申告の原料の置き換え、希釈、添加が含まれます。 国内サプライヤーや特定地域からの原料は割増された価格で売れる場合が多いため、詐欺師はより価格の低い地域の原料の使用や合成物質と原料の置き換えを行う可能性があります。 一般的に不純物が混入される、または不正確に表示される食品は、オリーブオイル、牛乳、蜂蜜、オレンジジュース、魚、コーヒー、ハーブ、スパイスです。

SGSの食品フィンガープリンティングが選ばれる理由とは。

食品フィンガープリンティングは、同位体比質量分析(IRMS:Isotope Ratio Mass Spectrometry)を利用して原料に固有の同位体のフィンガープリントを特定する工程です。 このフィンガープリントは炭素、窒素、酸素、水素、硫黄の最高5つの主要元素の比率から構成されています。各元素は原産地に固有の原料物質、生産工程、環境条件から影響を受けます。 それは各原料に対して固有なため、生産地と加工方法の判断に利用できます。

食品フィンガープリンティングは以下のことに利用できます:

  • 原料の地理的な起源の検証
  • 天然としてラベルされている原料の信頼性の検査
  • 砂糖など、未申告の添加物の特定
  • 有機製品における合成肥料使用の検出

以下のことを支援します:

  • 食品偽装の防止
  • リスクの低減
  • 貴社のサプライチェーンの完全管理の維持
  • 貴社の評価の強化
  • 顧客忠誠心の向上

食品試験における比類無き経験

SGSは貴社の食品の安全性、品質、持続可能性を保証するための食品科学者の世界的ネットワークを備えた世界一流の検査、検証、試験、認証会社です。 SGSは規制に対する適合性を保証し、消費者の要求に応える上で貴社をご支援します。

詳細については、SGSまでお問い合わせください。