Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのマイコトキシン分析は貴社の製品が動物とヒトの健康を守るための国際的な規制ん適合することを確実にします。

マイコトキシンは食品や飼料に存在する様々な菌種の毒性のある代謝生成物です。 それらはしばしば目に見えず、無味であり、高温や長期間の保存でも化学的に安定です。 様々なマイコトキシンは高毒性であり、健康への影響があり、そのため貴社の製品に対しての信頼性試験の必要があります。

食品、試料のマイコトキシン分析を行うため、我々の試験所は世界規模での分析設備を所有しており、貴社の製品の健康と安全の規制に適合する分析を提供できます。 酵素免疫測定(PCR)もしくは液体クロマトグラフィーを用いることで、マイコトキシンの存在を同定と、定量をすることができます。

マイコトキシンはしばしば以下と共存しています:

  • ドライフルーツ
  • フルーツとフルーツジュース
  • コーヒー
  • 穀物
  • シリアル
  • ナッツ
  • 香辛料
  • 油糧種子
  • 油とでんぷん

あなたの製品が安全であることを確実にすることは、食品安全性の規制に適合するだけでなく、マイコトキシン汚染によって引き起こされる経済損失を避けることになります。 これらは農作物や家畜の損失、家畜生産性の減退、賠償請求、引き続き起こる国内外取引の汚染による影響を含んでいます。

SGSのマイコトキシン分析がどのようにあなたのビジネスにとって利益になるか、お問い合わせください。