Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS の種の同定分析サービス – 肉、魚および海産食品を検査することで、サプライチェーンのセキュリティを確保し、汚染のリスクを最小化して、消費者の信頼を構築することができます。

当社の種の検出および種の同定サービスで、サプライチェーンにおける汚染からあなたのビジネスを保護し、詐欺の危険性を最小限に抑えることができます。 当社の優秀な食品安全専門家のグローバルチームは、サプライチェーンにおける汚染物質の存在を識別するために DNA 鑑定を行います。

世界中の汚染物質検査

当社は、世界中にすべてを装備した最先端の研究所を保有しており、 独立した分析サービスを提供するために戦略的に配置しています。 種の検出および種の同定は、次の食品で実施することができます。

  • 豚肉
  • 牛肉
  • 七面鳥
  • 鶏肉
  • 海産食品

加えて、当社の食品安全性分析には、フェニルブタゾン (ビュート)、抗コクシジウム薬および他の潜在的に有害な動物用医薬品などの動物用医薬品の残留とマーカーに対する検査が含まれます。

FSSC 22000(Food Safety System Certification:食品安全性システム認定)、IFS(International Featured Standard:国際食品基準)、BRC グローバル規格食品安全性(British Retail Consortium:英国小売協会)および SQF(Safe Quality Food:安全品質食品)などの食品認定サービスは、システムの適合性を確認するために種の検出および種の同定分析と組み合わせて使用することができます。当社は、あなたの要件に合せてプログラムを設計することができます。

SGS の種の同定分析の利点

当社のサービスネットワークは、リスクを軽減するためにサプライヤー監査、製品サンプリング、覆面調査、販売拠点の制御を提供します。 食品業界(食肉業界、レディメードミールの製造およびその他)の特定の活動に関連する衛生および衛生リスク管理を改善するために設計された当社のトレーニングサービスは、長期の包括的な食品安全システムを実装するのに役立ちます。

SGS の食品分析サービスについて今すぐお問合せください。