Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSでは、広範な獣医用医薬品残留物試験を実施できる研究所の国際的なネットワークを設置しています。 これにより、製品が消費者を保護する法的要件を満たしていることを確認できます。

消費者の健康を保護するために、多くの動物医薬品残存物が厳しく規制されているため、SGSでは、継続的に最高の試験方法を開発し、また厳格な獣医用医薬品残留物スクリーニングを提供しています。 このような活動は、対象物質の範囲が拡大し、また許容される残存量レベルが削減されるという両方の意味において、法的要件がさらに厳しくなる中で、特に重要です。

製品の適合性に不可欠である識別と管理を支援するために、SGSでは下記の手法を使用して医薬品残留物を試験します。

  • 液体クロマトグラフィー – 質量分光分析(LC/MS-MS)と組むあわせて
  • ポストカラム蛍光誘導体化と組み合わせた高速液体クロマトグラフィー(HPLC-FLD)
  • 紫外線分光測定法と組み合わせた高速液体クロマトグラフィー(HPLC-UV)

SGSでは、獣医用医薬品食品安全性評価の中で、以下の項目を含む幅広い抗生物質残存物についても試験できます。

魚介類

  • 食品医薬品局(FDA)メソッド研究情報報告(LIB)4405によるフルオロキノロン類
  • FDAメソッドLIB 4395によるマラカイトグリーン、クリスタルバイオレット、ブリリアントグリーン
  • ニトロフラン代謝物質
  • FDAメソッドLIB 4302によるクロラムフェニコール

食肉またはその他の製品

  • アミノグリコシド抗生物質
  • βラクタム剤
  • クロラムフェニコール
  • マクロライド
  • メクチン残留物
  • ニトロイミダゾール
  • キノロン誘導体
  • スルホンアミド
  • カルバドックス、ラクトパミン、ジエチルスチルベストロールなど

SGSの世界クラスの獣医用医薬品残留物スクリーニング施設を事業で活用する方法の詳細について、SGSにお問い合わせください。