Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品ラベル検査サービスは、不適切な表示による食品廃棄のリスクを低減します。

EUとアメリカで廃棄される食品の40%は、不適切な表示によるもので、リコールの30%は、アレルゲンの表示漏れによるものです。 このような状況を改善するには2つの方法があります。 1つ目は、製造工程で特定アレルゲンが使用されているか把握することです。2つ目は、これらをラベルに適切に表示することです。

弊社の栄養成分表示評価ならびに食品栄養/ヘルスクレーム(健康強調表示)試験サービスは、全ての原料を確実に表示します。 さらに食品栄養試験の専門家が、国内市場で許可された成分であるかを検証します。 検証を通じて、規制遵守を確保しながら、製品リコールによる、コストや時間の増大ならびに風評被害を防ぎます。

規制に照らし合わせて表示を検証し、対象の84か国で適切な言語で記載されているか、原料が適正表示されているかを確認します。 弊社のグループ会社では、分析をもとにして栄養成分パネルを作成することができます。 弊社のサービスをご利用になることで、特定の国に対する表示方法の変更、あるいはこれらの市場への輸出停止を余儀なくされることがあります。

非遵守リスクを減少させるため、以下の規準に照らし合わせて表示を検証します。

  • アレルギー誘発物質の遵守
  • 表示基準に必要な要記載事項– 健康、栄養
  • 食品名の記載 – 国の基準の遵守
  • 原料表示
  • ラベルのレイアウト
  • 正味内容量宣言
  • 栄養分析および栄養成分パネル
  • 会社の所在地および名称
  • 沈着物に関する法律
  • アルコールレベル
  • 言語の適合性
  • 活字寸法の適合性
  • 原産国

SGSは世界各地に事業所や試験施設を擁しているため、国際規制および現地規制に照らし合わせて、食品栄養表示検証サービスを提供し、表示間違いのリスクを減らし規制遵守をサポートします。

詳細については、今すぐ弊社にご連絡ください。