Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品衛生試験サービスは、食品安全試験と衛生試験を幅広い範囲でカバーし、衛生規制の遵守を実証します。

貴社のブランドと消費者を汚染物質から守ることは、食品サービス業者および食品メーカーによって非常に重要です。 汚染物質、アレルゲン、微生物はすぐに伝染します。しかし正しい取り扱い手順と効率的な試験体制を取り入れることで、汚染物質のリスクを最小限に抑えることができます。

サンプル(標本)の採取は、レストラン、ホテル、病院、製造設備など顧客レベルで行われます。 ISO 17025 認証を受けた試験所に標本を送り、微生物およびアレルゲン試験を行います。 弊社では、従来の微生物試験と迅速微生物試験、さらにアレルゲン試験を実施します。

指標種

試験のコストと所要時間の管理は重要ですが、遅延の発生により、従業員や消費者に受け入れ難いリスクが生じることがあります。 指標種試験は、早い段階で汚染問題を警告できるよう公衆衛生や条件を評価し、更なる診断試験の必要性を強調する優れた方法です。 共通指標は、以下の項目で試験されます。

  • 好気性菌の総数
  • 酵母菌とカビ
  • 亜硫酸塩還元クロストリジウム
  • 糞便大腸菌群
  • 腸内細菌科
  • エンテロコッカス属
  • 黄色ブドウ球菌
  • 大腸菌

また、以下の項目に対して環境病原菌をモニタリングします。

  • サルモネラ属
  • リステリア菌

規制要件

食品安全試験および衛生試験は、展開する国や製品の食品衛生規制によって異なります。 弊社の専門家が、関連する試験規制や要件についてアドバイスいたします。

効率的な試験を行うことで、汚染された商品が消費者に届くのを防ぎます。また「誤検出」という試験結果による、商品の廃棄リスクを減らします。 試験プログラムのデザインと実施がきちんと行われなかった場合、汚染製品がサプライチェーンに流れる可能性があります。

SGSは世界各地にISO 17025 認証を取得した食品試験所を擁しています。お気軽にお問い合わせください。