Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品微生物迅速検査は、食品に病原体が含まれないことを微生物検査でより迅速に検証します。

食品由来の病原体は、消費者の病気や死亡を引き起こすことがあります。 汚染物が食物連鎖に入ると、それが被害発生前に発見されたとしても、ブランドやメーカーに取り返しのつかない損害を与えます。 少なくとも、汚染された食品が流通してしまうと、商品リコールや廃棄作業に莫大なコストがかかります。

食品微生物迅速検査は従来の方法と比べ、試験の所要時間が短くなります。 通常、2~3日中には試験結果が得られます。 弊社が行う試験では、病原体の有無を検証し、汚染された食品のサプライチェーン流通を防止することで企業をサポートします。

安全な食品を消費者に届けるために、次の微生物学的同定技術を用いて、原料および最終製品を試験します。

  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)
  • VIDAS® 食品病原体の自動検知

以下の項目の病原体が試験されます。

  • サルモネラ属
  • サルモネラ菌性腸炎
  • リステリア・モノサイトジェネス
  • リステリア属
  • 大腸菌 O157:H7
  • Non-O157 STEC
  • カンピロバクター属
  • カンピロバクター・ジェジュニ
  • クロノバクター属
  • シゲラ属
  • 黄色ブドウ球菌
  • 腸炎ビブリオ
  • セレウス菌
  • 腸炎エルシニア
  • ウェルシュ菌

信頼性と一貫性のある試験パートナーを選ぶことは、貴社のビジネスの成功に不可欠です。 効率的かつ正確な微生物試験を実施しなかった場合、汚染された食品が流通する被害だけではなく、偽陽性の試験結果により、完全に容認可能な商品も廃棄やリコールの対象になることがあります。

SGSが選ばれる理由。

世界各地で展開する弊社の食品試験所は、高い基準に基づいて一貫性のある運営を行っています。

食品迅速検査は、生物学的問題をより迅速に検出し、ブランドの風評被害および健康被害の防止に役立ちます。 詳細は、お近くのSGSの事務所までお問い合わせください。