Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのFSMA監査 – 新しいFDA法に対する適合性を証明する。

米国食品医薬品局(FDA)の食品安全強化法(FSMA)は、この70年の中で米国の食品安全法に対する最も大きな改革とされています。 FSMAは以前の食品安全規制と異なり、交差汚染の防止に焦点を置いており、食品業界に対し、サプライチェーン全体の安全性を確保するよう要求しています。 SGSのFSMA監査は、貴社が新しい米国FDAの要求事項に適合できるように支援します。 SGSは次の監査を提供しています:

  • 予防管理の監査:
    • ヒト用食品に対する予防管理の適合性監査(21 CFR 117)
    • 動物用食品に対する予防管理の適合性監査(21 CFR 507)
    • GFSIの各規格(FSSC 22000、BRC、SQF、IFS)に対する追加的監査
  • 輸入者の適合性:
    • FSVPの適合性監査
    • サプライヤーのリスクアセスメント
    • サプライヤーの予防管理の監査
  • 意図的な混入(食品防御):
    • 意図的な混入(IA:Intentional Adulteration)の規則に対する適合性監査
    • 設備の脆弱性評価
    • 統合された食品安全と食品防御の監査
    • 併用されたIA規則と予防管理の監査

SGSのFSMA監査を選ぶ理由

SGSの総合的な監査はFSMAの事前評価、ギャップ監査、サプライヤー監査として利用できるため、貴社は認証の要求事項に確実に適合できます。 各企業のニーズを満たせるようにカスタマイズされたSGSの監査は、次のような特色を持っています:

  • 施設の規模、認証の状態、他の基準によってそれぞれ違う状況の各現場に適応可能です
  • 企業の食品安全システムでまだ網羅されていない特定の要求事項に対してフォーカスします
  • 危害に特化した予防管理だけでなく、その他の顧客要求事項も統合可能です

SGSは独立した監査を提供する一方で監査と認証プロセスを次の方法により合理化できます:

  • 食品認証監査に沿ったFSMA監査の実施
  • 同様の監査基準を用いたサプライヤーに対する定期的な監査

SGSのFSMA監査は、海外サプライヤー向けのFSMA認証プログラムに備えてアップグレードも可能

SGSは食品分野の監査および認証サービスの世界的なリーダー

130カ国以上でサービスを提供するSGSは、世界各国の食品専門家から構成される独立した最大のネットワークを有しています。 SGSの専門家は現地の言語でその文化や市場を理解し、一貫性、信頼性、費用対効果の高い方法により、業務を世界的に展開しています。 SGSはフードサプライチェーンの全てのステージで、品質、安全、持続可能性の保護を支援するための効率的なソリューションを提供します。

FSMA監査の詳細については、お気軽にSGSにお問い合わせください。