Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS は御社の食品サービス ロジスティックが国際食品安全性規格、特に IFS ロジスティック規格(国際食品基準認証)に準拠することを確実にできるよう支援します。 コンプライアンスは保管と物流プロセスを一貫して御社が食品の品質と安全性に取り組んでいることを示します。

自社倉庫その他の施設を持つ独立ロジスティックサービス会社として、または、食品商社ないし輸入会社として、以上の規制には従わなければなりません。 IFS ロジスティックは食品・非食品ともに輸送、物流、積み降ろしを対象にしています。 この規格は重量貨物車両、貨物列車、船舶、航空機その他の種類の輸送手段、さらに、保管施設をも適用範囲に含みます。

弊社の世界的なネットワークと専門知識のおかげで、場所を問わず、御社のサプライチェーンに沿って弊社の認証取得済みの資格がある監査と認証サービスをどんなロジスティックハブについても実施いたします。 御社のコンプライアンスを確実にすることで業務効率と製品品質を高めるのに役立ち、従って、金銭が節約され支払義務発生リスクを軽減します。

IFS認証を取得して規制準拠による便益を獲得することを支援いたしますので SGS までそのサービス内容を是非お問い合わせください。