Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの家畜飼料試験サービスは、家畜の健康を保護するとともに、家畜飼料のサプライヤ、製造者、利用者が現地規制と国際規制を遵守するのを確実にします。

水産養殖、養鶏、養豚、家畜飼料のサプライチェーンに属する企業は、必要な栄養分が正しい量で含まれることを確認しなければなりません。 また家畜飼料に含まれるカビ毒、獣医用医薬品、農薬、その他の汚染化学物質が最大許容量を超えてはいけません。

栄養価の低い飼料やカビ毒の多い飼料を食べた家畜は、成長不良を起こし、搾乳量や産卵数が平均より低くなります。 それだけではなく家畜の病気や死を引き起こします。農薬や汚染化学物質が家畜飼料に過剰に含まれる場合でも同様の問題が生じます。

獣医用医薬品のレべルが低過ぎると、薬の効果が得られないことがあります。 反対にレベルが高過ぎると、牛乳、鶏卵、その他の食用品の中から許容値以上の物質が検出されます。 消費者は、適切な試験に全て合格し、汚染物質を含まないと実証された食品を求めています。

認証を取得した弊社の試験所は簡単にご利用頂け、様々な家畜飼料や水産養殖飼料の製造者ならびに農場経営者のためのサービスを提供しています。 SGSの家畜飼料の検査・分析・試験の総合サービスは、家畜や人間の健康に安全な製品の提供を確実にします。 つまり弊社のサービスをご利用頂くと、非遵守、社会的な悪評、訴訟などのリスクを最小限に抑えることができます。

家畜用および水産養殖用の飼料試験サービスは、お客様のビジネスをサポートします。詳細は、SGSにお問い合わせください。