Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品・パッケージの官能評価および分析サービスは、人の反応を視覚・嗅覚・触覚・味覚・聴覚で測定および解釈します。

食品の官能評価は、消費者行動と品質保証双方の見解が得られる為、新製品開発やマーケティングの重要な一面と成りつつあります。

弊社の食品の官能分析サービスには、商品開発を目的とした消費者の官能試験と、食品の品質と味覚の官能評価があります。 色、風味、香り、触感の検査項目があり、次の方法で消費者の反応を調べます。

  • 記述的な官能分析
  • 1対2点試験法
  • スケールでの評価検査
  • パネル試験
  • 順位付け検査
  • 3点試験法

これらの食品官能検査結果に基づき、下記の事項を実施して頂けます:

  • 原料、材料、添加物の変更
  • 競合他社製品との比較
  • 賞味期限の定義と検査
  • 新規製品開発
  • 長期間にわたる香味料の分析結果を調査
  • 貴社製品の評価・格付け
  • 保存性確認
  • 貴社製品の最適化
  • 製品基準の準備

弊社には貴社をサポートできる経験、専門知識を持った多数の専用食品官能分析を可能とする世界各国の検査施設があります。 事業所や対象市場がどこであっても、製品品質リスクを減らし、消費者の満足度を高め、貴社の競争力を強化するお手伝いをいたします。

弊社の官能試験サービスは、消費者の満足度を高め、貴社の競争力を強化するお手伝いをいたします。詳細は弊社までお問い合わせください。