Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品保存期間試験は、「消費期限」と「賞味期限」の適切な表示方法を検証することで、法律上または商業上の要件への適合をお手伝いします。

食品の保存期間については、国内および海外の食品衛生規制を満たさなければなりません。 これによって消費者の安全および企業の規制遵守が確保され、しいては貴社ブランドの高潔性と評判を保つのに役立ちます。 製品の品質評価を行って、貴社製品の規制準拠を確認します。

弊社の食品試験所は長年、様々な製品を対象に試験を行ってきました。試験手順には、微生物指標分析、官能試験、物理試験、化学試験などがあります。例えば、冷蔵保存が90日間可能な製品は、その保存方法で、保存期間の最初、必要なタイムポイントで、保存期間中または必要であれば保存期間を超えて、サンプルを試験します。

弊社の賞味期限試験サービスは、時間経過での食品の状態を把握し、賞味期限を延長し利益を増やすための、原料や梱包材の変化、他の寄与要因を特定するのに役立ちます。

世界中にある弊社の食品試験所は、適切な認証を受けています。そのため信頼性が高く、能率的かつコスト効率の良いプロセスを提供することができます。

認証を受けた弊社の保存期間試験サービスは、お客様のビジネスをサポートします。詳細は、SGSにお問い合わせください。