Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSが提供する植林評価では、森林の現状、成長および価値に関して独自報告を提供することにより、投資をひきつけるお手伝いをいたします。

弊社の植林評価サービスでは、森林の生物学的資産としての「適正価格」を計算するために必要な、関連の国際関係基準(IAS 41)を満たすことも保証します。 正式な植林評価がない場合、この計算は内部計測、変数および期待値、そして独自に認証された植林管理慣行のような第三者監査に基づく可能性があります。

しかしこのアプローチは、外部と内部の査定の間で違いを示す可能性があります。 文書評価に加え、弊社独自の現場査定を用いて、弊社の植林評価はこれらギャップを埋め合わせることができます。 この分野における弊社の知識および独立性で高い評価を受けている弊社は、植林の評価モデルに関して公平な最終文書を作成いたします。 これを実施するために弊社は、森林生産物の市場内で利用できる価格に基づいた現在の正味価格を計算します。

サービス範囲

机上の研究および現地検証を組み合わせることで弊社の植林評価は、貴社の植林管理慣行への深い分析を含みます。 このメリットには以下のものが含まれます:

  • インフラ、輸送および処理設備の評価
  • 現状水準の樹木の数および直径
  • 成長
  • 提供される林業システムおよび木材価格モデルの評価
  • コストおよびリスク管理の評価
  • 植林の価値モデルと現在の正味価値の評価

森林の現状、成長および価値に関する独自報告により、投資家をひきつけるお手伝いをいたします。 ですのでSGSに今すぐ連絡して、植林評価サービスについて質問しましょう。