Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのオンサイト穀類等級特定サービスは、事前に取り決めた貯蓄場所に迅速かつ正確に穀類を特定、等級付け、および分類することを目的としています。

商品が保管されているサイロや倉庫など何処にでも移動式試験ラボを設置できます。 したがって、SGSの高度な訓練を受けた穀類等級特定チームがサイロで入庫、保存、出庫に立ち会い、商品の質・量を継続的に追跡できます。

SGSの穀類等級特定で使用する工程は、選択して組み合わせることも可能です。 つまり、トラック、電車、荷船、船舶などに積載する際、契約詳細に最適な穀物の混合を判断できるということです。 さらに、この混合の最適化は、商品の最適な平均を決定するために品質データを活用することにより、商品価値を最大限に引き出します。

リアルタイムデータアクセス

SGSの使いやすいウェブ追跡システムにリアルタイムでアクセスすることで、品質および量のデータを自由に監視することができます。またこの情報は、サプライチェーンの関係者に中継されます。

SGSの穀類等級特定サービスは、品質の問題を軽減し商品の価値を最大限に引き上げます。 詳細を確認するには、SGSにお問い合わせください。