Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの全国森林管理 – 林業界において透明性および説明責任を改善します。

EUおよび米国において新しい材木取引規制が実行される中で、林業界において透明性および説明責任を改善することが、以前にも増して重要になっています。

違法伐採により各国政府は何十億ドルもの税収を失い、さらに大規模な環境破壊が起きています。 伐採に関連した腐敗により法の支配が揺らぎ、正当な投資が減り、開発が妨げられます。

SGSでは、森林情報の管理及び検証に関する長期的な改善が、林業界におけるガバナンスの改善に寄与すると信じております。 SGSの全国森林管理により、トレーサビリティおよび説明責任の改善のための画期的なソリューションが提供され、ベストプラクティスが促進されて管理基準が向上します。

効果的な森林管理

違法伐採に対処し持続可能な森林管理を推進する一方で、ガバナンス、競争力および透明性の向上に努めることは、大きな課題です。

SGSでは、効果的なモニタリングにより数多くのメリットが提供できると信じております:

  • 政府税収の最適化および公正な徴収
  • 国家の能力養成
  • 取引の遵法性、推進および促進
  • 天然資源および生態系の保全
  • 社会経済的発展への寄与
  • 森林部門の情報の集約化

SGSは以下の目標を掲げています:

  • 材木および関連する資金の流れを効率的に管理する
  • 輸出用、あるいは国内消費用の材木の合法性を保証する
  • 森林管理および法執行当局を支援する
  • 管理水準を国際的に認められた水準に引き上げる

機能方法

全国森林管理は、国内の材木のトレーサビリティシステムの設定および運用から構成されており、これにより森林から国内市場と国際市場の両方またはいずれかへの材木の流れを確実に管理できます。 木材のトレーサビリティにより、現在EUと木材生産国の政府間で調印されたFLEGT自発的パートナーシップ協定(VPA)の枠組みの下で合法性保証システム(LAS)を運用するのに必要な要素の一つとなっているサプライチェーンの検証が確実になります。

全国森林管理は、以下の活動が組み合わされる可能性があります。

  • 木材トレーサビリティの基盤の開発および設定の支援
  • バーコードタグおよび携帯端末の使用の導入
  • 森林行政および民間経営者向けの能力開発
  • データ照合のための文書面および物理面での検証の実施
  • 道路、河川、国境および港湾におけるチェックポイントの設置
  • 原木及び木材製品の輸出の監視
  • 政府に代わって森林収入の計算および徴収を確保

このシステムを実施するために、SGSでは、政府から独立して業務を行う一方で、関連政府機関および主要利害関係者と共同で業務を行う機関を創設および管理できます。 この機関が検証報告書および宣言文を発行しますが、これは原木及び木材の追跡、データのモニタリングおよび合法性検証確認に基づいています。

あるいは、技術支援委託の下でSGSは、以上の活動の開発において森林行政を支援します。

1995年よりSGSは、アフリカ、アジア、中南米およびロシアにおいて、国内および地域の森林モニタリングおよび検証プロジェクトの運営において数々の成功を収めてきました。 現在、SGSは全国木材トレーサビリティシステムをリベリア、コンゴ民主共和国、カメルーン、パプアニューギニア、およびコンゴ共和国で実施しています。

SGS業務は確固たる情報および最先端のトレーサビリティ技術に基づいております。 SGSは包括的なシステムを使用しており、これには文書管理、物理的検査および合法性監査を通じた森林から市場までのサプライチェーンにおける各段階を含みます。

SGSの全国森林管理のメリットの詳細については、SGSにお問い合わせください。