Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSはおがくず、木材およびパレットにおける化学処理および残留物の分析を実施して、品質および安全水準を高め、規制へのコンプライアンスを保証いたします。

弊社のグローバルな存在により、弊社は現場に加え、輸出入地点全てでこのサービスを提供できます。 そして弊社の標準化された報告では規定された業界規制が考慮されるため、弊社としては商品の取引および配送における紛争を減らし、オープンな議論の対象といたします。

パレット

木材の包装材では輸送された製品、特に人間および動物の消費用の製品および/あるいは生鮮食品が、汚染されていないことを保証すべく取り扱われなければなりません。

廃棄するパレットを確認するために、以下の観点から残留物を試験いたします:

  • カルベンダジム
  • 銅(分解を含む)
  • イゾチアゾリン
  • 病原菌
    • 大腸菌
    • リステリア菌
    • その他検出された微生物
    • ペンタクロロフェノール(PCP)
    • ポリ塩化ビニフェル(PCB)
    • トリブロモアニソール (TBA)
    • トリブロモフェノール (TBP)
    • トリクロロフェノール

    電極

    弊社は、電極やその他の木材における化学処理を試験し、使用される保存方法を確認しますが、これは害虫が感染する可能性のある環境においては特に重要です。 電極が電力の配分および電話線のサポート向けの使用を意図している場合、サイズ、品質管理および曲げ強度も査定します。

    今すぐSGSに連絡して、弊社の化学処理および残留物分析が貴社の品質および安全基準を向上する方法をご覧ください。