Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

工場や設備は、環境汚染と事業の損失をもたらす一時排出を漏出する恐れがあります。 SGSの微量排出分析で管理して下さい。 弊社の専門家にお問合せ下さい。

工場設備から漏出する揮発性有機化合物(VOC)の一時排出は、御社従業員の健康と安全及び利益に関して手痛い結果を引き起こす事があります。 VOCは、温室ガス排出又は火災と爆発の危険を高める一因となる事があります。

リーク検出の管理は、専門家が遂行するべき主要オペレーションです。 弊社の一時排出管理チームは、この重要なプロジェクトを請け負います。 弊社の認定専門家チームは、御社の全設備(例 ポンプ、圧縮機、フランジ、バルブ、コネクター、圧力安全弁)を検査する監視技術者を含みます。 また御社にリーク検出と修理(LDAR)調査の法的義務が課せられている場合、これを実施する事も出来ます。

排出監視は、携帯用フレームイオン化検出器(FID)又は光イオン化検出器(PID)アナライザーで、国際承認方法(EPAとEN規格)に従って実行します。 この方法は、現場基準に容易に適合します。

測定プロセスの際、漏出部分にタグを付けます。 そして、測定を記録し、修理が必要な漏出部分の一覧化と各部品の文章化された履歴を残す為、特別に設計したソフトウェアを活用します。 全部品の報告書は、自動的に作成され、次回の調査で測定される部品数を算出します。 このソフトウェアは、現地の法律制定に適合出来ます。

工場の総排出量を算出します。 特定設備の修理後に、修理が成功したか検査し、再算出した一時排出の合計に応じて御社の記録を更新します。

工場と設備を監督し、利益と安全記録を管理して下さい。 一時排出調査に関し、弊社のチームへお問合せ下さい。