Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、カーボンエミッションの規制目標値の達成に向けて、お客様をサポートいたします。

SGSの放射性炭素による年代測定サービスは、温室効果ガスエミッションのうちカーボンニュートラルな部分の比率を正確に特定し、カーボンフットプリント管理の改善をお手伝いします。詳細については、SGSまでお問い合わせ下さい。

CO2エミッションの大部分は、バイオマス(カーボン、水素と酸素から構成される生物材料)の燃焼によるものです。 バイオマスの燃焼は、自然のカーボン周期によりカーボンが生成されるため、カーボンニュートラルとみなされます。 現行の京都議定書や多数の温室効果ガスは削減プログラムでは、代替燃料としてのバイオマスおよびバイオマス副産物の使用は温室効果ガスの削減として分類されます。

生物由来CO2と化石派生CO2を区別することで、有効な温室効果ガス排出量と、カーボンフットプリントをオフセットするクレジットを数値化することができます。 数値を以ってより少ない排出量を報告することで、お客様は余剰許容量を十分に利用することができます。

高い専門性を持つSGSの技術者は、放射性カーボン年代測定を用いて、総排出量に含まれる生物由来CO2の比率を正確に算出します。 この方法は迅速に結果を出すことができ、信頼性が高く、コスト効率も優れています。 これによって、時間とコストがかかり、危険性のも高い混合燃料の物理的特性試験や、継続的なモニタリングを要するその他の測定方法が不要になります。 SGSの専門家チームは、最先端の装置を用いて現場のサンプルを採取します。 放射性カーボン年代測定の優れた実績を誇る、認定ラボで結果が分析されます。

SGSがお客様の環境パフォーマンスを監視いたしますので、安心してコアビジネスに取り組んでいただけます。 迅速かつ持続可能なソリューションをお探しですか?詳細は、SGSまでお問合せ下さい。