Skip to Menu Skip to Search お問合せ Japan ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品アレルゲン試験では、お客様が食品ラベリングの要件を満たし、消費者を守るお手伝いをします。 アレルギー誘発性食品管理プログラムの一環としてSGSは、アレルギー誘発性食品の存在を試験します。

お客様が目的とする市場においてアレルギーラベル要件を満たすためには、アレルギー誘発性材料、および発生する可能性のあるアレルギー誘発性物質への二次汚染について意識する必要があります。 SGSの包括的で独自の試験およびラベリングサービスではこれらの側面がすべて、食料サプライチェーンの段階でカバーされます。 実証されたポリメラーゼ連鎖反応(PCR)および酵素結合免疫吸着法(ELISA)試験を実施して、低レベルのアレルギー誘発性物質の検出を行います。

既知の食品アレルゲンはほぼすべてがたんぱく質で、大量に存在し、往々にして食品加工後にも変化しません。 食品たんぱく質のほぼすべてがアレルギー源になる可能性があります、欧州連合のアレルギーラベリング法では、アレルギー性反応を最も引き起こしやすいものとして以下のものを示しています:

  • セロリ
  • 穀物におけるグルテン(大麦、オート麦、ライ麦、小麦など)
  • ルピナス
  • 牛乳および乳製品 
  • 軟体動物(例: ハマグリ、ムラサキイガイ、牡蠣、ほたて)
  • マスタード
  • ナッツ類(例: アーモンド、ブラジルナッツ、カシュー、ハシバミの実、マカダミアナッツ、ピーナッツ、ペカン、ピスタチオ、クルミ)
  • 甲殻類(例: カニ、ロブスター、クルマエビ)
  • ゴマの種
  • 大豆
  • 二酸化硫黄および亜硫酸塩(10mg/kgあるいは10mg/Lを超えるレベルで)

SGSの食品アレルゲン試験でお客様の規制への遵守を確保し、消費者保護をお手伝いする方法について、SGSに今すぐご連絡ください。